アカマイ、ガートナー社の2018 年「Magic Quadrant For Web Application Firewalls」で、2 年連続リーダーとして位置づけられる

PR TIMES / 2018年10月23日 11時40分

ビジョンの実行能力と完全性に基づく評価

インテリジェントエッジプラットフォームにより、安全で快適なデジタル体験を提供する Akamai Technologies, Inc.(NASDAQ:AKAM、以下「アカマイ」)は、ガートナー社の2018 年「Magic Quadrant For Web Application Firewalls」において2年連続でリーダーとして位置づけられたと発表しました。同レポートでは、ガートナーのアナリストが、ビジョンの実行能力と完全性の観点で、14社のベンダーを評価しています。



[画像: https://prtimes.jp/i/31697/26/resize/d31697-26-813782-0.jpg ]

※本リリースは2018年9月6日(現地時間)に米国マサチューセッツ州で発表されたプレスリリースの翻訳版です。


ますます多くのビジネスが、API を利用したモバイルアプリや IoT アプリケーションなど、公開を前提としたアプリケーションによる新たなデジタル・ビジネス・イニシアチブへの取り組みを推進する中、ウェブ・アプリケーション・セキュリティへの懸念は高まっています。セキュリティベンダーが発表した 2017 年データ漏えい調査レポートによると、ウェブアプリケーションが2017年における データ漏えいを招く攻撃パターンの最上位になっています。具体的な数字として見ると、Akamai の最新の「インターネットの現状/セキュリティ」レポートでは、Akamaiは6カ月で4 億件を超えるウェブアプリケーション攻撃を防いだことを報告しています。

ガートナーは、レポートで、「2023年までに、分散型サービス妨害攻撃(DDoS)防御、ボット緩和、API 保護、WAF を組み合わせた『クラウド・ウェブ・アプリケーションおよび API 防御(WAAP)』サービスにより、公開を前提としたウェブアプリケーションの30%超が保護されるようになるでしょう。これは現在の10%未満からの増加です。」と報告しています。

AkamaiのWeb Security部門 Vice PresidentのJosh Shaulは、「重要性の高いサイトやアプリケーションを保護するには、エッジに大容量で堅牢なリスク適応インテリジェンスが必要であるとAkamaiは考えてきました」と語ります。続けて、「私たちのお客様は、DDoS 緩和、アプリケーションと API のセキュリティ、コンテキストベースのレピュテーションサービスと行動インテリジェンスを組み合わせることで、セキュリティ対策を最大化しています。Akamai の Web Application Firewall ソリューションは、セキュリティリサーチャーによって選別され、強力な機械学習アルゴリズムによって継続的に更新される厳格なルールを提供します。また、脆弱性や新たな脅威について、デジタルビジネスに携わる組織に通知するために、カスタマイズされたリスクスコアを使用します。

ガートナーは、クラウド WAF サービス又はWAF アプライアンスを選択する顧客間で相反する期待値を目にしています。「クラウド WAF サービスを検討している組織の場合、一般に展開と運用が容易なパッケージとしてバンドルされた複数機能を期待します。特に DDoS 防御、ボット管理およびCDN を望んでいます。そうした組織は、より深いセキュリティ制御や、より細かい設定オプションを求めていますが、そうしたWAF の展開について時間的余裕がない場合が多くなっています」

ガートナーは、「長期的には、最初からマルチテナント環境でクラウドを中心として構築されたクラウドWAF サービスは、コストのかかるレガシーコードのメンテナンスを回避できます。また、リリースサイクルを短縮し、革新的な機能を迅速に実装することにより、競争上も優位に立てます」と評価しています。

Akamai のJosh Shaul は、「ガートナーが Akamai を再び「リーダー」クアドラントに位置づけたことに興奮を禁じえません。今日までの私たちの成果と、Web Application Firewall 分野でお客様を第一に考えた戦略判断が正しかったと感じています。Akamai は、エッジプラットフォーム専門ベンダーとして市場を引き続きリードし、エッジセキュリティがもたらすスケールとインテリジェンスの価値をお届けしたいと考えています」 と最後に述べています。

ガートナーによる「Magic Quadrant for Web Application Firewalls」(Jeremy D'Hoinne、Adam Hils、Ayal Tirosh、Claudio Neiva、2018 年 8 月 29 日)(「Magic Quadrant」グラフィックを含む)レポート全文(英文)は、こちらよりダウンロードできます。
https://content.akamai.com/pg11535-gartner-magic-quadrant.html?lang=us-en

Akamai の WAF 製品については、こちらをご覧ください。
https://www.akamai.com/jp/ja/products/cloud-security/kona-site-defender.jsp

免責条項:ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチに関し、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません。

アカマイ について:
Akamai は世界中の企業に安全で快適なデジタル体験を提供しています。Akamai のインテリジェントなエッジプラットフォームは、企業のデータセンターからクラウドプロバイダーのデータセンターまで広範に網羅し、企業とそのビジネスを高速、スマート、そしてセキュアなものにします。マルチクラウドアーキテクチャの力を拡大させる、俊敏性に優れたソリューションを活用して競争優位を確立するため、世界中のトップブランドが Akamai を利用しています。Akamai は、意思決定、アプリケーション、体験を、ユーザーの最も近くで提供すると同時に、攻撃や脅威は遠ざけます。また、エッジセキュリティ、ウェブ/モバイルパフォーマンス、エンタープライズアクセス、ビデオデリバリーによって構成される Akamai のソリューションポートフォリオは、比類のないカスタマーサービスと分析、365 日/24 時間体制のモニタリングによって支えられています。世界中のトップブランドがAkamai Akamai Akamai を信頼する理由について、< https://www.akamai.com/jp/ja/>、< https://blogs.akamai.com/jp/>およびTwitterの@Akamai_jpでご紹介しています。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社について:
アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、1998年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、最高経営責任者:Tom Leighton)が100%出資する日本法人です。アカマイは、静的なコンテンツ配信だけでなく各種コンサート・スポーツ試合等の国内限定ストリーミング配信やWebアプリケーションなどの動的配信を多数実現し、日本国内では350社以上が当社サービスを利用しています。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、本年、設立15周年を迎えました。それを記念し、ブランディングムービーを公開いたしました。是非ご覧ください。
https://youtu.be/GfrXsG1AUns

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング