“カイゼンできるAI”が、ものづくり現場を支える!画像AIソリューション事例セミナーを4/14(火)にオンライン開催

PR TIMES / 2020年3月17日 12時35分

製造業向け、インフラ設備・機械の保全・安全管理業務における画像AIの活用事例をご紹介

AIと量子コンピュータを搭載したクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を開発・提供する株式会社グルーヴノーツは、「製造x画像AI」をテーマに2020年4月14日(火)16:00から、オンラインセミナーを開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/42403/26/resize/d42403-26-386528-0.png ]


製造業などものづくりの現場では、人手不足対策や熟練の技術継承、安全や効率・生産性、品質向上の徹底追求など、山積みとなる切実な課題の解決策として、機械学習/深層学習の活用が効果を発揮すると期待されています。

AIの導入によって効率化や省人化を図れる業務には、予兆保全、異常検知、品質検査、設備点検、作業員の安全管理といった様々な場面が挙げられます。しかし実際は、AIの開発・運用に高額の費用がかかり投資対効果が見合わない、ベンダー依存になってAI活用ノウハウが自社にたまらないといった、AIを使いこなして業務カイゼンを続ける難しさもあるのではないでしょうか。

「MAGELLAN BLOCKS」は、プログラミングやチューニング等の専門的な処理を徹底的に自動化、簡素化した分かりやすいユーザーインターフェースで、ニューラルネットワークや量子コンピュータといった高度な先進技術を、初めての方でも手軽に利用できるクラウドサービスです。

本セミナーでは、12,500以上のAIモデル構築実績をもつ「MAGELLAN BLOCKS」の取り組みをもとに、製造ラインにおける画像AIの活用方法や実用化に向けて押さえておくべきポイント、成果を生む/失敗する企業の共通点など、AIの最新事例や活用ノウハウをご紹介します。




「MAGELLAN BLOCKS」だからカイゼンできること


◆画像から数値、数値+画像のマルチモーダルで、高精度な予測解析を実現
画像データを用いた画像分類や物体検出はもちろん、重さや温度・圧力等のセンサー計測値といった様々な数値データと画像データを掛け合わせた予測・分類などまで。対象のテーマに応じて適宜・適切なデータを用いて高性能なAIモデル作成・継続的な更新がすばやく容易にできることで、予測解析の精度向上や高度化を実現します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/42403/26/resize/d42403-26-918760-2.png ]


【「MAGELLAN BLOCKS」が提供する、画像AIのモデル例 】
▷「画像分類モデル」… 画像の分別 >>> 良し悪しの分類、不良品の分類など
▷「物体認識/検出モデル」… 画像の中から特定の対象を識別 >>> 不良部位、特定部位の検出など
▷「マルチモーダル数値回帰モデル」… センサー情報等の数値と画像を因子として利用した回帰分析 >>> 最適な温度や状態の予測など
▷「マルチモーダル数値分類モデル」… センサー情報等の数値と画像を因子として利用した分別 >>> 機器の状態予測、良し悪しの分類、不良品の分類など


◆500超の高度な深層学習モデルを、ノンプログラミングで手軽にコストを抑えて有効に活用
学習用データの分類/タグ付け(アノテーション)からAIモデルの作成・検証まで、画像認識AIの活用に必要な機能をフル装備。ユーザー自身が使いやすく、アップデートされる最新機能を常に利用できるため、開発費用の増大や開発期間の長期化を抑え、自社でのAI・データ活用を積極的に促進します。
[画像3: https://prtimes.jp/i/42403/26/resize/d42403-26-464901-3.png ]



◆AI、さらに量子コンピュータの活用で、製造ライン全体のプロセス最適化まで実現可能に
量子アニーリングを活用して「組合せ最適化」に対応する商用サービスを世界で初めて展開。AIによる高精度な予測から、予測結果に基づき量子コンピュータによる生産計画・機器稼働率、資機材・人員・工程計画の最適化などまで、サプライチェーン全体の最適配置を推進しましょう。
[画像4: https://prtimes.jp/i/42403/26/resize/d42403-26-330351-4.png ]




「製造x画像AI」の業務適用例


▷AIによる製造設備や機械の異常検知で、状態基準保全(Condition Based Maintenance、CBM)によるメンテナンスコスト削減、省人化を促進

▷生産工程における物体検出・検知で、業務効率化や品質管理の高度化を実現

▷AIによる製品の外観検査、良・不良品判定で、熟練の技術継承や検査の自動化し、生産効率を向上

▷顔識別AIで、工場の立ち入り制限地区等の監視・セキュリティ対策を効率化、省力化 など




「画像AIソリューション事例セミナー」開催概要


・日時:2020年4月14日(火) 16:00~16:45
・会場:オンライン(お申込みいただきました後、視聴方法をご案内いたします)
・対象:
 −大手製造業の生産技術部門、製造部門、品質保証部門等で、画像認識技術などAIの活用をご検討中の方
 −熟練の技術伝承や省人化、生産効率向上に向け、画像や動画を用いて業務カイゼンに取り組みたい方
 −開発ベンダーに依存せず、自社の社員による活用を促してAI人材の育成に繋げたい方 など
・主催:株式会社グルーヴノーツ
・申込み: https://www.magellanic-clouds.com/blocks/event/20200414-2/




株式会社グルーヴノーツについて


[画像5: https://prtimes.jp/i/42403/26/resize/d42403-26-567282-1.jpg ]

グルーヴノーツは、ビジネス現場で活用できる人工知能(AI)を目指して、クラウドAIプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」の開発やAI活用コンサルティングを行う、福岡発のテクノロジーカンパニーです。世界で初めて、量子コンピューティング技術の商用サービス化に成功。独自開発したAI(機械学習・深層学習)と量子コンピュータを搭載した「MAGELLAN BLOCKS」は、数値/画像/文書等の様々なデータをもとに、AIの高精度な予測と、量子コンピュータの組合せ最適化によって、複雑なビジネス課題に対して解を導き出すことが可能です。
https://www.magellanic-clouds.com/blocks/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング