阪九フェリー、船上でつながるフルノシステムズの『無線LANアクセスポイント』を採用。日本初の本格的な船舶Wi-Fiで、船内環境の利便性の向上を実現。

PR TIMES / 2014年7月2日 11時21分

阪九フェリー株式会社様は、洋上での無線ネットワーク実現のため、株式会社NTTドコモ、西部電気工業株式会社、
株式会社フルノシステムズの3社の協力により、日本初の本格的な船舶Wi-Fiをスタートさせました。



株式会社フルノシステムズ(代表取締役社長:妹尾行雄、古野電気株式会社関連会社/以下フルノシステムズ)は、阪九フェリー株式会社(代表取締役社長:米田真一郎/以下阪九フェリー)様に、当社の無線LANアクセスポイント『ACERA』(アセラ)をご採用いただきました。日本初の本格的な船舶Wi-Fiの導入により、新たな付加価値として、今まで以上の顧客サービスの向上を実現することができます。

阪九フェリーは、瀬戸内海の北九州と神戸、大阪間をメイン航路とする日本初の長距離カーフェリー事業者です。年間の利用客数は、増加傾向にあり、それとともにビジネス客の乗船も増えてきました。フェリーは、観光客以外に、ビジネス客も乗船しており、限られた条件の中で、客層にあった差別化をしていかなければなりません。そこで、2012年度から一部のお客様のみが活用できるWi-Fiの整備をし、このたび船内全域において活用できる本格的なWi-Fi環境の運用をスタートしました。

船内環境でのWi-Fi化は、船舶環境が特殊なことから、無線Wi-Fi環境のシミュレーションを株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:加藤薫/以下NTTドコモ)様と西部電気工業株式会社(代表取締役社長:宮川 一巳/以下西部電気工業)様が共同でご提案、支援をしました。

外部アンテナやモバイルWi-Fiルータなど中継のアクセスポイントまでの通信機器の提供やコンサルティングは、NTTドコモ側が担当し、導入における事前の無線LAN環境調査や設置工事に至るまでのエンジンリング業務は、西部電気工業側が担当しました。船舶ネットワークシステムの終端に位置するアクセスポイントには、多台数接続と将来的にも無線LAN拡張が容易なフルノシステムズのアクセスポイントの採用をいただきました。

本格的な船舶Wi-Fi化を実現できた要因として、既存のインフラを利活用したネットワーク設計にあります。展望デッキに外部アンテナが設置され、FOMAルータまでは、有線ケーブルで伝送しています。その後、同軸モデム(親機)経由で各甲板の同軸モデム(子機)につながるため、新たな追加投資はなく、有線LANケーブルの配線工事なしで、データ伝送を実現しています。同軸モデムの先に、アクセスポイントを設置することで、船内の利用エリアをカバーするように設計されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング