2014年10月度のマルウェアランキングを公開

PR TIMES / 2014年11月28日 11時36分

~トロイの木馬HTML/Refreshが猛威、前月に引き続きトップに~

四半世紀にわたり、プロアクティブなマルウェア検出技術の世界的なパイオニアであるESET, spol. s r.o.(本社:スロバキア、ブラティスラバ、CEO:リチャード・マルコ、以下ESET)がまとめた2014年10月度のマルウェアランキング(日本版、世界版)をキヤノンITソリューションズのウェブサイトで公開しました。概要は以下の通りです。

■日本のマルウェアランキング(10月度)
<月間サマリー>
2014年10月の脅威ランキングでは、先月に引き続き、トロイの木馬HTML/Refreshがトップとなりました。また、第2位にはWin32/TrojanDownloader.Wahchosが急浮上しています。

<10月度ランキング>
第1位HTML/Refresh(前月:1位)
このトロイの木馬は、悪意のあるソフトウェアのサイトに誘導する特定のURLにブラウザーをリダイレクトします。プログラムコードは通常、HTMLページに埋め込まれています。

第2位Win32/TrojanDownloader.Wahchos(前月:10位以下)
このトロイの木馬は、インターネットから別のマルウェアをダウンロードしようとします。

第3位HTML/Iframe(前月:3位)
HTML/IframeはHTMLページに埋め込まれた悪意のあるiframeタグの汎用名であり、悪意のあるソフトウェアのサイトに誘導する特定のURLにブラウザーをリダイレクトします。

日本のマルウェアランキング(2014年10月度)と各マルウェアの詳細はこちらに掲載しています。
是非ご一読ください。

<10月>
http://canon-its.jp/product/eset/topics/malware1410_jp.html

■世界のマルウェアランキング(10月度)

<月間サマリー>
ESETが開発した先進のマルウェアレポーティング/追跡システム「Live Grid」によると、全世界においても前月に引き続き「HTML/Refreshl」が第1位となっており、検出された脅威全体のうち3.66%を占めています。

<10月度ランキング>

第1位HTML/Refresh(前月:1位以下)
このトロイの木馬は、悪意のあるソフトウェアのサイトに誘導する特定のURLにブラウザーをリダイレクトします。プログラムコードは通常、HTMLページに埋め込まれています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング