トリュフ料理専門店「テール・ド・トリュフ 東京」1周年特別企画

PR TIMES / 2013年11月20日 12時37分

世界最古シャンパンのフリーフロー

昨年12月7日、南青山の路地裏にリニューアルオープンしたトリュフ料理専門店『Terres de Truffes, Tokyo(テール・ド・トリュフ 東京)」では、2013年11月26日(火)~12月19日(木)の間、オープン1周年を記念し、シャンパン“Ruinart(ルイナール)”をフリーフローでご用意します。



■シャンパン“Ruinart(ルイナール)”
ルイナールは、1729年に創業した世界で最古のシャンパーニュ・メゾンです。伝統製法とシャルドネ種にこだわり、8kmにもわたる地下のクレイエル(=古代の石灰岩石切り場)でゆっくりと熟成させています。このクレイネルは、フランス国家の歴史的建造物に指定されている唯一のクレイネルです。その深さと石灰岩の性質が、最適な温度と湿度をキープし、高品質な泡を生み出しています。何世紀にもわたり磨き上げられてきたシャンパンをぜひこの機会にお試しください。

提供期間:  2013年11月26日(火)~12月19日(木)
価格: フリーフロー ¥10,000(税込・サ別) /お一人様
グラス    ¥2,500/杯

■Terres de Truffes, Tokyo
Terres de Truffes, Tokyo(テール・ド・トリュフ 東京)は、フランス料理をベースに、トリュフの魅力を最大限にいかしたお料理を提供する、トリュフ料理専門店です。¥15,000円のコース料理に加え、気軽にトリュフをお楽しみいただけるよう、アラカルトメニューも充実させています。看板商品の「ポンム・ド・テール(Pommes de Terres)」とワインで軽い夕食を、と言ったご要望にもお応えします。シェフ小澤の幅広い知識と経験をもとに、「トリュフの炊き込みご飯」など、斬新なトリュフ料理にも挑戦しております。

■店舗情報
2002年にオープンしたフランスのニースにある本店は、フランス国内だけでなく、日本のメディアにも頻繁に取り上げられる有名店で、翌2003年にはパリにも支店が オープンしました。気取ることなく トリュフ料理を心ゆくまで楽しめるレストランとして、食にうるさい多くのフランス人をはじめ、世界中の美食家たちに愛されている  人気のレストランです。その姉妹店となる『Terres de Truffes, Tokyo』は、2008年より、六本木ヒルズけやき坂にて営業しておりましたが、2012年12月、南青山に  リニューアルオープンしました。本店が持つアットホームな雰囲気を残しつつ、気軽にトリュフ料理をお楽しみいただける店づくりを目指しています。贅沢な料理の数々を、ゆったりとした時間の流れる落ち着いた雰囲気のなかで、心ゆくまでご堪能ください。

店名: Terres de Truffes, Tokyo(テール・ド・トリュフ 東京)
URL: http://www.terresdetruffes.jp
住所: 東京都港区南青山2-27-6 Reve南青山ビル 1F
TEL: 03-5772-2139
アクセス: 東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩約3分
営業時間: ランチ11:30~15:00(LO 14:00) ディナー 17:30~23:00(LO 21:00)  
休業日: 月曜日
席数: 計42席

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング