1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

嫌いな上司の特徴ランキング!男女500人アンケート調査

PR TIMES / 2021年2月2日 16時45分

嫌いな上司に関する意識調査

株式会社ビズヒッツ(本社:三重県鈴鹿市、代表取締役:伊藤 陽介)は、働く男女500人を対象に「嫌いな上司に関する意識調査」を実施し、そのデータをランキング化しました。
詳細はこちら( https://media.bizhits.co.jp/archives/8499



「あ~、ほんと無理…」

職場の上司と合わない、嫌いすぎて会社に行くのがツライ、という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回、株式会社ビズヒッツ( https://bizhits.co.jp/ )が運営するビジネス上の問題解決を考えるメディアBiz Hits( https://media.bizhits.co.jp/ )は、働く男女500人に「嫌いな上司の特徴」や「上司との関わりでイヤなこと」についてアンケート調査を実施。

その結果をランキング形式でまとめました。


調査概要

調査対象:全国の働く男女
調査期間:2020年12月3日~12月4日
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:500人(女性332人/男性163人/未回答5人)


回答者の属性


[画像1: https://prtimes.jp/i/41309/27/resize/d41309-27-249734-0.png ]



調査結果サマリー

・職場に嫌いな上司がいる人は7割
・上司が理由で会社を辞めたいと思ったことがある人は6割以上
・嫌いな上司の特徴1位は「相手によって態度を変える」
・上司との関わりで一番イヤなのは「報告・相談・確認」をすること


職場に嫌いな上司がいる人は7割



[画像2: https://prtimes.jp/i/41309/27/resize/d41309-27-591278-1.png ]


10代~60代の働く男女500人にアンケート調査を行った結果、「職場に嫌いな上司がいる」と回答したした人は73.2%(500人中366人)。

全体の7割以上にのぼることがわかりました。


上司が理由で会社を辞めたいと思ったことがある人は6割以上


[画像3: https://prtimes.jp/i/41309/27/resize/d41309-27-616196-2.png ]


また、「上司が理由で会社を辞めたいと思ったことがあるか」という質問に対しては、65%が「ある」と回答。

上司の存在や上司との関係性が、退職を決意するキッカケにさえなり得ることがわかります。



嫌いな上司の特徴ランキング


[画像4: https://prtimes.jp/i/41309/27/resize/d41309-27-308702-3.png ]



職場に嫌いな上司がいると答えた366人に、「上司のどんなところが嫌いか」聞いたところ、1位は「相手によって態度を変える」、2位は「仕事を押しつける/仕事をしない」、3位は「高圧的/偉そう」、次いで「気分屋」「自分がすべて正しいと思っている」という結果に。

上司の人間性や、理不尽な行動・言動に不快感を抱いている人が多いことがわかります。

【1位 相手によって態度を変える】
・お気に入りの部下ばかり優遇し、気に入らない部下にはすぐに難癖をつける(40代 男性)
・上司の上の人間がいる時といない時の態度があからさまに違う(30代 女性)

気に入っている部下には親切なのに、気に入らない部下には無視や冷たい対応をするなど、好き嫌いで態度を変える上司に嫌悪感をいだく人が多数。

また、「部下には偉そうなのに立場が上の人には媚びる」といった一貫性のない態度を冷めた目で見ている人も多くいました。

自分の感情や損得で態度を変える上司は、信用できず尊敬もできないと思われるようですね。


【2位 仕事を押しつける/仕事をしない 】
・自分がしたくない仕事は、手間をかけてでも他人の仕事にしようとして押しつける。そんな手間をかけるならやったほうが早いよと思う。(40代 女性)
・仕事を押し付けるのに、自分の手柄のようにふるまう(40代 女性)
・「あれやった方がいいかなー?」と話しかけてきて、自分が気づいたくせに、結局やらずにどこかへ行ってしまうところ(20代 女性)

信頼しているからこそ丸投げしてくるとも考えられますが、単に面倒な仕事を押しつける上司もいるようです。

また、サボっているのに忙しいアピールをする上司や、指示だけで自分は絶対に動かない上司がイヤと言う声もありました。

【3位 高圧的/偉そう】
・常に話し口調が命令形(30代 女性)
・部下を叱る時に威圧的な雰囲気を出すところが嫌い(20代 男性)
・やり方が分からない仕事を振られ説明を求めると、「つかえねーな」と聞こえるように言ってくる(20代 女性)

高圧的な態度の裏には、「自分が優れていると示したい」「従わせたい」「舐められたくない」といった心理が隠れていますが、かえって逆効果。

横柄な態度の上司は、尊敬どころか「偉そうに…」などと、部下に軽蔑されているケースが圧倒的に多いようです。

【4位 気分屋】
・機嫌が悪いと対応が冷たくなり、場の空気を悪くさせる(20代 女性)
・機嫌によって言うことがころころ変わる。少しでも意にそぐわないことがあるとへそを曲げるので仕事にならない(30代 女性)

気分によって態度がころころ変わる上司にうんざりするとの声も。

とくに、「機嫌が悪いと当たり散らす」「気に食わないと冷たい態度を取る」といった上司にストレスを感じている人が多いです。

職場の雰囲気が悪くなったり、話しかけにくかったり、ご機嫌取りをしなければいけなかったりと、非常にめんどくさい存在のようです。

【5位 自分がすべて正しいと思っている】
・上司と意見が違ったときに自分の考えを言うと、不機嫌になり全否定するような言い方をする(30代 女性)
・既存の仕事の進め方、今まではこうしてきた…などに縛られて、新しい効率的なシステムを受け入れようとしない(30代 男性)

自分の考えや今までのやり方がベストだと思い込み、異なる意見や新しい考えを認められない視野や度量の狭い上司も多いようです。

テクノロジーが進化し、時代の流れが速い現代においては、数年前に正解だったことが数年後には全く役に立たなくなることも往々にしてあります。

しかし、「このやり方で成功してきたから」「この方法がやりやすいから」という固執した考えから、ほかの意見を受け入れられないようです。

【6位 嫌味を言う/説教が長い】
・行動をいちいちチェックして後で嫌味を言う(50代 女性)
・部下がミスするのを楽しみにしていて、ミスを見つけたら「来た来た」とばかりに嫌みったらしい説教をする(50代 女性)

自分の仕事に懸命に取り組んでいれば、人のアラ探しをして、細かいことにいちいち文句を言う暇などないはず。

あなたの存在がよほど気になるか、もしくは、よほど仕事にやりがいをもてない上司なのかもしれませんね。

【7位 責任感がない】
・自分では何も解決しようとせず、すぐ人にやらせようとする。管理職のくせに責任を取ろうとせず、むしろ社員に押し付けようとする(20代 女性)
・お客様からの電話に居留守を使うなど、都合の悪いことが起きると逃げるところ(20代 女性)

「仕事を丸投げして指導やアドバイスもない」「困っていることを伝えても解決のために動いてくれない」など、責任感のない上司を嫌う声も多く寄せられました。

なかには、保身のために失敗を部下のせいにしたり、失敗の尻拭いをさせたりするとんでもない上司も。

無責任な上司が部下の信頼を得ることは、決してないでしょう。

【8位 悪口を言う】
・同僚の悪口を聞かせてくる(20代 女性)
・お客さんの前で、遠回しに他のスタッフの悪口を言う(30代 女性)
・気に入らない部下の悪口を何度も聞かされ、自分も同じように言われているのかと気にかかった(50代 女性)

悪口を言う理由としては、「相手を下げることで自分の方が優れていると暗に伝えたい」「共感してほしい」「自分の味方をつくりたい」などがあります。

悪口を言っている本人は、ストレスが発散され、共感を得られて(得られた気がして)気分がいいかもしれませんが、聞かされる方はたまったものではありませんよね。

また、自分も言われているかも…と疑心暗鬼になり、上司を信頼できなくなる人もいるようです。

【9位 怒鳴る】
・自分の思い通りに人が動かないと厳しく叱責する(30代 女性)
・嫌いな相手には必要以上にひどい言葉で罵倒し、大勢の前で恥をかかせようとしているところがとても不愉快(30代 女性)

自分の思い通りにならないと声を荒げるパワハラ上司に悩んでいる人が多くいました。

烈火のごとく怒鳴り散らす上司は、感情のコントロールがきかないか、もしくは、自分の立場を誇示したいタイプに多いです。幼稚で軽蔑すべき行為ですが、怒鳴られるほうは本当につらいですよね。

恐怖を感じたり、萎縮してミスを誘発したり、ひどい場合はメンタルを壊してしまうことも。

理不尽な理由やちょっとしたことで日常的に怒鳴られる場合は、上層部に相談するか、転職を考えた方がいいかもしれません。

【10位 人に厳しく自分に甘い】
・人には良く注意するが自分はどうなのと疑問を感じる(40代 男性)
・自分が遅刻した時はシレっと出勤するのに、部下が遅刻すると鬼の形相で叱りつける(30代 女性)

人の失敗には厳しい態度を取るのに、自分の失敗はスルーしたり、指摘されると逆切れしたりする上司が嫌いという意見が寄せられました。

自分のことを棚に上げる自己中心的さに、「お前が言うなよ」と思われている上司も多いようです。



上司との関わりで一番イヤなことランキング



働く男女500人に「上司との関わりで一番イヤなこと」を聞いたところ、以下のような結果となりました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/41309/27/resize/d41309-27-953775-4.png ]


【1位は「報告・相談・確認」|避けられない上司とのコミュニケーションが苦痛】
・問題が起きたら報告しないといけないが、そのたびに溜息をつかれ、嫌な顔をされるので疲れる(30代 男性)
・ご機嫌伺いしながら、仕事の事を話すタイミングを見つけるのがストレス(40代 女性)

上司の機嫌を伺いながら話しかけるタイミングをはからなければいけないのがイヤという人が多数。

報告や相談のたびに、否定されたり文句を言われたりするのが憂鬱という人も多くいました。

「上司と部下」という関係上、報告や確認は避けて通れないのがツライところですね。

【2位は「仕事以外の付き合い」|飲み会に行きたくないとの声が多数】
・仕事中は割り切れるけれど、お金をもらえない会社の飲み会で接待させられるのは本当に損していると感じる(20代 女性)
・昼休みや仕事終わりに食事に誘われて行くと、ずっと仕事のことをダメ出しされる。食事を断ると「付き合いが悪いな…そんなんじゃ出世できないぞ」と嫌味ったらしく言ってくる。こうした関わりが本当に面倒でイヤ(40代 男性)

仕事以外の付き合いのなかでも、圧倒的に多かったのが飲み会。

「仕事帰りに誘われること」「会社の飲み会」「接待への同行を強要される」などに苦痛に感じるとの声が多数寄せられました。

就業時間外まで上司と関わりたくない、というのが部下の本音でしょう。

ただでさえ行きたくない飲み会で、ひたすら愚痴を聞かされたり、説教をされたりすることは部下にとって苦行とも言えるかもしれません。


まとめ

職場の人間関係のなかでも、多くの人が悩んでいる上司との関係。

どんなに嫌いでも、同じ職場で働く以上は関わりを避けられないのがツライところです。

嫌いな上司がいると、会社に行くのが憂鬱になり、転職したいな…と思うこともあるでしょう。

ただ、人間関係は運の部分もあるため、職場を変えたからといって今より良い上司に恵まれるとは限りません。

しかし、「パワハラが日常化していて心が折れそう」「上司の存在があまりにもツラく、今後の改善も望めない」という場合は、思い切って環境を変えることも視野に入れましょう。

■株式会社ビズヒッツについて
当社は、派遣・パート・アルバイト求人情報サイト「Biz Hits Work( https://work.bizhits.co.jp/ )」、ビジネスの問題解決を考えるメディア「Biz Hits( https://media.bizhits.co.jp/ )」を運営しています。

また、上記メディア運営の中で得た知識と経験を元に、業務効率化サポート・リモートワークとクラウドソーシング導入コンサルティングも行っております。

■会社概要
社名   : 株式会社ビズヒッツ
所在地  : 〒510-0208 三重県鈴鹿市鈴鹿ハイツ22-21
代表者  : 代表取締役 伊藤 陽介
設立   : 2009年1月19日
資本金  : 300万円
事業内容 : WEBメディアの運営・コンサルティング
URL   : https://bizhits.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング