【米国リリース抄訳】セールスフォース・ドットコム、ガートナーによる2019年度のデジタルコマース部門のマジック・クアドラントにおいて4年連続「リーダー」の評価を獲得

PR TIMES / 2019年9月4日 13時40分

※当資料は、2019年8月28日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
https://www.salesforce.com/company/news-press/press-releases/2019/08/192808-t/



【2019年8月28日、サンフランシスコ】グローバルでCRMをリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は本日、Gartner, Inc.(以下、ガートナー)が発表した2019年度のデジタルコマース部門のマジック・クアドラントにおいて、4年連続で「リーダー」の評価を獲得したことを発表しました。

Salesforce Commerce CloudのCEOであるマイク・ミクッチ(Mike Micucci)は、次のように述べています。
「市場が求める高品質なデジタル・コマース・エクスペリエンスを提供するためにブランドに必要なのものは、AIファーストのコマースプラットフォームです。Salesforce Commerce Cloudにより、お客様は収益を向上させてグローバルに事業を拡大するために必要なインテリジェンス、ツール、エコシステムを活用できるようになります。」

ガートナーは、デジタルコマースプラットフォームを次のように定義しています。
「顧客が商品やサービスを購入する際に、インタラクティブかつセルフサービスでの体験を提供するのに欠かせないテクノロジーです。これは、顧客が購入する際の意思決定に必要な情報を提供し、ルールやデータを使って請求額を含めた注文内容を提示するものです。プラットフォームには、セルフサービスでインタラクティブな体験をサポートするための革新的な機能またはAPIが求められます。例えば、ストアフロント、商品カタログのナビゲーション、商品ページ、ショッピングカート、決済機能、顧客アカウントなどが挙げられます。また、コマース製品には、複雑な設定をしなくても、商品の検索、カートへの追加、商品ごと、顧客ごと注文ごとの割引やキャンペーン価格を反映した最終請求価格を提示できる機能が求められます。さらにはAPIを通じて、顧客、製品、コンテンツ、注文機能、データの相互運用性が確保されていなければなりません。」

Salesforce Commerce Cloudとは
Salesforce Commerce Cloudは、モバイル、ウェブ、ソーシャル、店舗など、ショッピングのあらゆる場面で一貫した顧客体験の提供を可能にする業界をリードするコマースプラットフォームです。ショッピングから受注、決済、配送などの業務全般、カスタマーサービスまで、顧客一人ひとりにパーソナライズされた購入体験をスケーラブルに提供します。またEinstein AIの力により、エンゲージメントやコンバージョン、収益、顧客ロイヤルティの向上に必要なインテリジェンスとインサイトをもたらします。

関連情報


ガートナーによるデジタルコマース部門のマジック・クアドラントの2019年版レポート(英語)は、こちら( https://www.salesforce.com/form/commerce/2019-gartner-digital-commerce-mq/)よりダウンロードできます。
ブログ記事(英語)はこちら( https://www.salesforce.com/blog/2019/08/gartner-digital-commerce-cloud.html)をご覧ください。
Salesforce Commerce Cloudの詳細はこちら( https://www.salesforce.com/jp/products/commerce-cloud/overview/)をご覧ください。

出典:ガートナー「デジタルコマースのマジック・クアドラント」著者:Penny Gillespie、Christina Klockほか(2019年8月22日)
※修正前のレポートには、SalesforceがDemandwareとして掲載されていましたが、これは2016年にSalesforceが同社を買収したためです。

ガートナー社の免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


セールスフォース・ドットコムについて

[画像: https://prtimes.jp/i/41550/27/resize/d41550-27-334877-0.png ]

CRM におけるグローバルリーダーであるセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、 http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング