メンバーズ、中国最大のソーシャルメディア 「新浪微博(シナウェイボー)運用サービス」を提供開始

PR TIMES / 2014年3月28日 13時24分

日本企業のグローバル進出におけるソーシャルメディア活用支援体制を拡充

株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:剣持 忠、以下「メンバーズ」)は、日本企業のグローバル進出をソーシャルメディアの活用で支援し、企業と主に中国の生活者とのエンゲージメント強化・拡大を図るため、中国最大のソーシャルメディアである新浪微博(シナウェイボー)の企業公式アカウントの運用を行う「新浪微博運用サービス」の提供を開始いたします。
また、サービス提供開始にあたり、新浪微博の日本におけるオフィシャルパートナーであるFind Japan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西山 高志、以下「Find Japan」)と密に連携し、同社が保有する企業公式アカウントの運用ノウハウの提供支援を受けることも予定されております。

■「新浪微博運用サービス」開始の背景
新浪微博(シナウェイボー)は、登録ユーザー数6億人(2014年1月時点)、1日の投稿数1.2億件を超える中国最大のソーシャルメディアです。中国では、FacebookやTwitterへのアクセスが制限されており、企業のマーケティング活動において、中国の生活者とソーシャルメディアを活用したエンゲージメントを築くために、新浪微博を活用することの重要性が高まっています。
また、現在、アジア市場の中で中国市場の成長性が高く、規模が圧倒的に大きいことを背景に、多くの日本企業が中国に進出し、事業展開を図っている一方で、中国国内での企業・ブランド認知を向上させ、更なる事業拡大を行うためのマーケティング活動には多くの企業が課題を抱えています。

メンバーズでは、企業と生活者とのエンゲージメントの強化・最大化を掲げ、企業のエンゲージメント・マーケティング(※1)を推進する支援サービスを提供しており、Facebookページの制作・運用、自社サイトのソーシャル化、 キャンペーンにおいて大手企業をはじめとして多くの実績をあげております。
このたび、メンバーズは企業が保有する複数のソーシャルメディア公式アカウントを一括で運用し、企業と生活者のエンゲージメントを継続的に向上させるサービス「エンゲージメント・マーケティング・センター」の一環として、新浪微博のプラットフォームを活用し、グローバル進出企業と中国の生活者とのエンゲージメントを強化・拡大する「新浪微博運用サービス」の提供を開始することとなりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング