正解率、たったの8%! 「加齢臭のにおう部位は?」 8割以上が“耳の後ろ” と勘違い。

PR TIMES / 2014年12月11日 14時32分

そのニオイは“ミドル脂臭”かも!? 気にはなっても意外と知らないニオイの知識。マンダム「においケア検定」結果より

株式会社マンダムでは、職場や家庭における男性の体臭問題の解決のため、本年6月よりスメルマネジメント活動を開始いたしました。( http://m-age.jp/smell/management/
最近、体臭や口臭などのニオイは個人的な問題にとどまらず、職場や周囲に不快感を与える「スメルハラスメント(スメハラ)」と呼ばれるように社会的問題として浮上。その解決のためには、正しい知識とケア方法を提供することが必要だと考え、「においケアセミナー」と「においケア検定」を主とした啓発活動“スメルマネジメント” を行っております。
「においケア検定」の受講者は、いわば“体臭意識”の高い人。それでも、大きな認識違いはあるようです。
更なるニオイケア啓発のため12月8日「においケア検定 Vol.2]を更新しますが、Vol.1にて、多くの人が誤解している問題をご紹介します。



認識違いワースト1:正解率8%
「加齢臭は耳の後ろ」⇒ そのニオイは「ミドル脂臭」かも
加齢臭のにおう部位を81%が“耳の後ろ”、11%が“頭”と誤認!
加齢臭のにおう部位に関する質問では、なんと『9割以上の方が間違った認識』をしていることが分かりました。いつの間にか、都市伝説として耳の後ろが悪臭スポットに!加齢臭は皮脂由来のパルミトレイン酸が酸化することで発生する2-ノネナールが原因成分です。したがって皮脂が排出される部分、つまり全身からにおう可能性はありますが、実際にくさいと感知するほど発生するのは背中と胸の中心(体幹部)ということが明らかになっています。耳の後ろがくさいとすれば、それは「汗臭」または頭部の汗のにおい「ミドル脂臭」かもしれません。耳の後ろだけではなく、頭頂部・後頭部・首の後ろをよく洗浄・清拭しなければニオイはなくなりません。

認識違いワースト2:正解率28%
「日本人男性の体臭は薄い」⇒ ほとんどの男性が臭ってる
「自分は臭っていないだろう」という願望の裏返し!?
入浴後24時間後は、日本人男性95%が臭い(ワキ)、しかも、強度も強いことを測定しました。どうやら、日本人は体臭が薄いというのも都市伝説のようです。入浴後6時間からにおいの原因菌は増殖するので、ケアしなければ体臭がきつくなっていきます。ニオイ(体臭)は気にしているのに「自分は臭っていないだろう」とか「自分は体臭が薄い人の部類だ」という“願望”が、この回答率に表れているのかもしれません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング