運動神経のよい組織をつくり、継続的に成果を創出していくために 職場力診断「LINKサーベイ」提供開始

PR TIMES / 2014年1月20日 16時10分

同時にフィードバック研修も提供

経営コンサルティングの株式会社リンクアンドモチベーション(東京都中央区 代表取締役 小笹芳央 東証一部)は、2014年2月1日より職場力診断サービス「LINKサーベイ」(リンクサーベイ)を提供開始します。




このサーベイは、職場力を把握することを目的とした調査です。当社では社会システム理論(※)、多数のコンサルティング実績を背景に、どんな観点・メガネで職場を捉えればよいかを4つの観点で整理しました。それに基づき、調査対象の職場のメンバーにアンケートを実施し、どんな要素が職場力を阻害し、どんな要素が職場力に寄与しているかを把握します。※AGIL理論 (タルコット・パーソンズ 1969年)

また、同時に、診断結果を活用して職場力を強化するための研修「Magellan Link Survey Feedback(マゼラン リンクサーベイフィードバック)」も提供します。

「組織の実行力強化」を掲げつつも、その施策については、つい個人のスキルアップやモチベーション向上、マネジャーのマネジメント力強化など「個人」にフォーカスしてしまいがちです。
「LINKサーベイ」では、顧客や関連部署との情報交換、役割分担やコミュニケーション、変化に向けた取組み、技術や理念の継承など、職場を要素の関連しあった「システム」と見立てることで、「職場全体」の最適化を目指すことが可能となりました。

当社では、「LINKサーベイ」で2014年に30百万円の売上げを目指します。


【背景】
アベノミクスや東京オリンピックの開催決定により国内の景況感が上向いてくる中、国内の大手企業では、ここ数年続いていた「守りの経営姿勢」から「攻めの経営姿勢」に転じているところが多くなってきているようです。
業界や個社ごとに状況は異なりますが、当社でも事業戦略と紐づけた採用戦略の策定支援や、人材開発施策の見直し、人事制度の改訂など、「未来に向けた前向きな施策」のご相談をいただくことが増えてきました。

こうした場合、単純な人員の増加や表層的なスキルアップやモチベーション向上施策のみに捉われず、目標達成・組織成果に繋がる施策を実行していく必要があります。我々リンクアンドモチベーションでは、組織成果に繋がる重要なアプローチが「職場力の向上」であり、そのためには「職場開発」の視点を持つことが不可欠だと考え、診断サービスと研修を開発することにいたしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング