~「Ameba」がブログデータ7千万件から分析する“2014年上半期流行語”~ ベスト3は「消費増税」「アナと雪の女王」「妖怪ウォッチ」

PR TIMES / 2014年5月26日 11時39分

「STAP細胞」「レジェンド」「ゴーストライター」なども上位にランクイン

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)では、このたび、2014年1月1日~5月12日の期間に「アメーバブログ」に投稿されたブログ記事約7千万件をもとに、「2014年上半期流行語」の分析をおこないました。



■ブログデータで分析する、2014年上半期の流行語

今回の調査では、2014年上半期(2014年1月1日~5月12日)にブログ上で話題になったキーワードを分析し、記事の投稿数をもとにランキング化いたしました。

▽「2014年上半期流行語」ベスト5
・第1位:「消費増税」(540,758件)
・第2位:「アナと雪の女王」(112,494件)
・第3位:「妖怪ウォッチ」(47,762件)
・第4位:「妊活」(34,138件)
・第5位:「STAP細胞」(29,109件)

他のキーワードに大差をつけて1位となったのは「消費増税」で、ブログの投稿数は全540,758件。2014年4月1日からの消費税8%への増税は、普段の生活にダイレクトに影響するぶん、人々の関心も高かったと言えます。

2位には、もはや社会現象とも化した、ディズニー映画「アナと雪の女王」(112,494件)がランクイン。ストーリーや感想を書いたブログ記事はもちろんのこと、同作品の大きな魅力である主題歌「レット・イット・ゴー」に関する記事も多くみられました。

3位は、子供を中心に大人気の「妖怪ウォッチ」で47,762件。ゲーム・アニメ・コミックなど、さまざまなメディアを通じて爆発的な人気を誇っているだけに、ブログにおける話題数も多いようです。

続く4位は「妊活」(34,138件)。2014年1月にお笑い芸人の森三中・「大島美幸」さんが「妊活」のために休業を発表したことで、あらためて注目を集めたようです。また、5位には論文の捏造疑惑で世間の注目を集める「STAP細胞」(29,109件)がランクイン。関連ワードである「リケジョ」も4,415件と多くの投稿数を集めています。

なお、6位以降には、ノルディックスキー・ジャンプ男子の個人で銀メダルを獲得した「葛西紀明」選手を称す「レジェンド」(6位:18,931件)、「佐村河内守」氏が楽曲を別人に代作させていたことを示す「ゴーストライター」(7位:11,245件)などのワードがランクインしています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング