サンディスク、企業環境向けのセキュリティー認証済み自己暗号化付きソリッドステートドライブを提供

PR TIMES / 2014年5月22日 17時49分

X300s、企業・従業員のデータを保護するクライアントSSDの新製品



2014年5月13日(カリフォルニア州ミルピタス発)-フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ:SNDK)は本日、同社初となる自己暗号化ソリッドステートドライブ、SanDisk X300s SSD(TM)を発表しました。TCG Opal 2.0およびハードウェアベースの暗号化技術のMicrosoft Encrypted Hard Driveや監査・コンプライアンス管理を容易にする新しいSSD管理ダッシュボードが採用された新しいX300s SSDは、最高水準のデータ保護とパフォーマンスを提供し、ITの意思決定者が直面するデータ管理やセキュリティー上の最重要課題に対応します。またこの発表に併せて、X300s SSDのさらなるセキュリティーの拡張性を可能にする独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の広範なエコシステムについても発表を行いました。

モバイルワーカーの増加や攻撃の脅威が拡大するのに伴い、企業データはこれまで以上にリスクにさらされています。Forrester社が2013年に実施した調査によると、データ漏えいの32パーセントが企業のノートパソコンの紛失または盗難によるものでした[i]。また、2012年6月から2013年6月の間に世界最大の7空港で出張中の社員が紛失したノートパソコン、スマートフォン、タブレット、その他個人電子機器は1万台に上ります[ii]。このような状況から、企業においては知財や従業員のデータを保護する認証済みストレージソリューションの模索が必須となっています。

サンディスクのクライアントストレージソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのケビン・コンリーは、「あらゆる規模の企業が、信頼性、セキュリティー、耐久性が高くリモートからのサポートが容易なコンピューターを求めています。数百台あるいは数千台規模のノートパソコンを導入している企業にとっては、IT部門が一元的かつ安全にこれらのデバイスを管理できることが重要となります。サンディスクの世界最高水準のフラッシュメモリーを用いた設計のX300sにより、IT担当者は従来のフラッシュメモリーの強みである高い性能や低いTCOに加え、事業を中断することなくデータ保護やセキュリティーのニーズにも対応することが可能となります」と語っています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング