5/31(土)より『コミュニケーション力養成講座』を開講! 大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール通学講座

PR TIMES / 2014年5月26日 12時34分

~相手を動かすコミュニケーション力を手に入れる~ (講師:関橋英作氏)

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)が運営するアタッカーズ・ビジネススクール(大前研一監修、以下ABS)では、5月31日(土)より、関橋英作氏による『コミュニケーション力養成講座』を開講。只今、受講お申込みを受付中です。

起業家やビジネスリーダーに必要な能力の一つに、仲間(パートナー・お客様・ 資金提供者)の協力を得ることがあげられます。商談、プレゼン、広告など、ビジネスに必要な要素は多岐に渡りますが、実はすべてに「コミュニケーション」という要素が共通しています。そして、そのもっとも大事な役割は“人を動かす”ということです。

どんなに良い企画や商品を生み出すことができても、適切に相手に伝えることができなければ、企画を実現させることも、お客さんに買ってもらうことも、また、投資家からの支援を得ることも困難になります。つまり、コミュニケーション力は、思いを実現するためのカギを握る最大の武器といえるのです。

そもそもコミュニケーションとは、相手が納得した上で、自分の為に動いてくれることです。個性があり、創造性にあふれ、魅力があるからこそ、 それを聞いた人の心が動き、共感を得ることができるのではないでしょうか。

この講座では、ハーゲンダッツ・アイスクリーム、デビアス・ダイヤモンド、ネスレ・キットカットなど多くのブランドコンセプトを創り上げ、数々のプレゼンテーションを経験するとともに、広告というコミュニケーションという手段で数々の実績を残してこられた関橋英作氏を講師にお迎えし、思いを伝え、ファンを創るためのコミュニケーション能力を養うことを目的として行います。さらには、コミュニケーション力を高めるための武器としてクリエイティブ能力やマーケティング力も同時に学べるため、マーケティングや商品企画にも活かすことができるものになっています。

コミュニケーション力は、トレーニングすることで確実に向上させることができる能力です。小手先のテクニックだけではなく、自分自身が魅力的なビジネスパーソンになることで、事業成功のカギを握るコミュニケーション力を手に入れていただければと思います。

<講師紹介>
●担当講師:関橋英作氏
MUSB(ムスブ)の代表取締役&クリエイティブ戦略家
関橋英作氏は青森県八戸市生まれ。外資系広告代理店J・ウォルター・トンプソン・ジャパン(現JWT)に入社し、コピーライターから副社長までを歴任。その間、ハーゲンダッツ・アイスクリーム、デビアス・ダイヤモンド、ネスレ・キットカットなど多くのブランドを育て、広告賞も多数受賞(ニューヨークADC賞、ACC賞、ギャラクシー賞、NYフィルムフェスティバル賞、クリオ賞など)。特にキットカットでは、いまや受験生のお守りになったキャンペーンを展開。クリエイティブ部門の責任者として、AME賞(アジア・マーケティング・イフェクティブ賞)グランプリを2年連続受賞。09年のカンヌ国際広告祭では、日本初となるメディア部門グランプリを、投函できるキットカット「キットメール」キャンペーンで受賞。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング