太陽光発電の売電額1,000万円の収入を目指す家 「太陽が稼ぐ家~冬~」発売

PR TIMES / 2014年12月26日 17時14分

ジャーブネット「全国一斉豊かな暮らし応援フェア」を開催



ジャーブネット「全国一斉豊かな暮らし応援フェア」を開催
太陽光発電の売電額1,000万円の収入を目指す家
「太陽が稼ぐ家~冬~」発売


 日本最大級の工務店ネットワーク「ジャーブネット」(主宰:株式会社アキュラホーム代表取締役社長 宮沢俊哉、東京都新宿区)は、2015年1月2日(金)~1月25日(日)の、「全国一斉豊かな暮らし応援フェア」を実施します。期間中1,000万円の収入を目指す「太陽が稼ぐ家~冬~」を発売いたします。

 「太陽が稼ぐ家~冬~」は太陽光発電による固定価格買取制度20年間の売電収入1000万円が見込める長期優良住宅基準を満たした豪華特別仕様の注文住宅です。より多くの太陽光パネルを搭載し、発電効率を高めるなど、ジャーブネットの技術と工夫で一般的な30坪程の住まいでも、1,000万円の売電収入を可能にしています。

 ジャーブネット事務局を運営する株式会社アキュラホームでは、埼玉県に建設した太陽光発電搭載による1000万円収入付き住宅の完成見学会を11月、12月に2度実施しました。当初200名程度の来場を見込んでいたところ、予想を大幅に上回る420名もの来場がありました。全国の展示場ではwebによるライブ中継を行い、150名の視聴者から好評いただきました。

 現在、政府による電力の固定価格買取制度の見直しが予定されており、この価格が今後下がっていくことが予想されるなか、太陽光発電に注目し、検討している消費者は大変多いことがわかり、ジャーブネットでは同制度が見直される前に、より多くのお客様に太陽光発電搭載による1000万円収入付きの住宅をご提供できるよう、「太陽が稼ぐ家~冬~」を発売いたします。


<「太陽が稼ぐ家~冬~」概要>

環境にも家計にもやさしいエコ仕様の長期優良住宅「めぐる」に、太陽光発電を搭載した特別限定商品です。
発売期間 :「全国一斉豊かな暮らし応援フェア」
開催期間 :2015年1月2日(金)から1月25日(日)まで期間限定


「太陽が稼ぐ家 ~冬~」外観イメージ

太陽光発電12.5kW搭載 延床面積97.70m2 (29.55坪)
本体価格2,220万円(税別)
仕  様 : 自由設計 長期優良住宅対応


■太陽光発電の設置

10kW以上設置して20年間たっぷり売電収入を得られる「全量買取」
「太陽が稼ぐ家-冬」は10kW以上の太陽光発電を標準搭載。自由設計の強みを活かし、少しでも搭載量が多くなるよう屋根の形を工夫して太陽光パネルを搭載します。「全量買取制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)」を活用し、20年間の売電で住宅のローン返済の負担を軽減します。金銭メリットにも考慮した、快適な家づくりをご提案します。


■ ジャーブネット(JAHBnet)とは

ジャーブネットは全国320社の工務店・ビルダーなどが加盟する工務店ネットワーク組織。アキュラホームが94年に独自の住宅建設合理化ノウハウを体系化した「アキュラシステム」を開発。これまでに約2600社の全国の工務店に導入されると共に、98年に(財)日本住宅・木材技術センターの「木造住宅供給支援システム」に認定され、その仕組みをもって工務店組織「アキュラネット」(現ジャーブネット)を設立。全国規模のネットワークによるスケールメリット、地域密着企業ならではのダイレクトサービスを併せ持つネットワークとして全国のユーザーに「良質な住宅を適性価格」で提供。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング