1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

木下グループ、内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策に協力「羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者を対象としたモニタリング検査」

PR TIMES / 2021年7月20日 14時0分

【実施期間】 7月20日~8月31日搭乗分(7月15日予約開始)

株式会社木下グループ(代表取締役社長:木下直哉、本社:東京都新宿区西新宿6丁目5番1号)は、内閣官房が新型コロナウイルス感染症対策の一環として実施する「羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者を対象としたモニタリング検査(以下、搭乗前モニタリング検査)」に協力します。対象となるのは、羽田、成田、伊丹、関西、福岡空港から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者のうち、希望される方です。実施期間は、7月20日~8月31日搭乗分で、現在、専用ウェブサイト( https://covid-kensa.com/)で検査予約を受け付けています。

本件の詳細は、内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策ウェブサイトをご覧ください。
https://corona.go.jp/passengers_monitoring/




搭乗前モニタリング検査は、日本政府主導のもと、「北海道や沖縄県の方々及びやむを得ず移動する方々の安心を確保するため、夏季期間中、羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者に対し無料のPCR検査・抗原定量検査を行って感染状況をモニタリングするとともに、そのデータを分析して早期に感染源を探知し、早期の対応につなげていくこと」を目的に実施します。検査方法は、1.空港内ブース検査型 2.店舗検査型 3.検査キット配送型(8月上旬より実施予定)の3種類で、1.と2.は専用ウェブサイト( https://covid-kensa.com/)による完全事前予約制、3.の検査キットは同ウェブサイトより購入可能です。なお、本件に関するすべての検査は、木下グループが運営する「木下グループ新型コロナPCR検査センター」の店舗および、当社が販売する「PCR検査キット」で行います。


出発空港近くの検査センター


[画像1: https://prtimes.jp/i/70791/28/resize/d70791-28-db52e782d6e42860804b-1.png ]



搭乗前モニタリング検査の概要

【目 的】
政府では、北海道や沖縄県の方々及びやむを得ず移動する方々の安心を確保するため、夏季期間中、羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者に対し無料のPCR検査・抗原定量検査を行って感染状況をモニタリングするとともに、そのデータを分析して早期に感染源を探知し、早期の対応につなげていくこととしています。(以下このために行う検査のことを「搭乗前モニタリング検査」といいます。)。

【対象路線】
羽田、成田、伊丹、関西、福岡空港から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便

【対象者】
対象路線の搭乗者のうち希望される方

【実施期間】
7月20日~8月31日搭乗分(7月15日予約開始)

【検査会社】
木下グループ新型コロナPCR検査センター

【検査方法】
1.空港内ブース検査型
予約サイトより空港でのクイック検査(抗原定量検査)を予約

当日空港検査ブースにて搭乗券等を提示し検査を実施

検査結果待ち時間にQRコードからアンケートに回答

30分程度で搭乗前に検査結果を受領
※空港内ブースがあるのは羽田(第1ターミナル・第2ターミナル)・伊丹・福岡空港のみです。

2.店舗検査型
各店舗の予約サイトより来店日時を選択しPCR検査を予約

予約日に店舗にて搭乗券等を提示し検査を実施

検査結果待ち時間にQRコードからアンケートに回答

搭乗日までに検査結果を受領
※店舗があるのは都内5か所(秋葉原・渋谷・池袋・新宿・新橋)等です。

3.検査キット配送型
※調整中。8月上旬実施予定。
※各検査方法の注意事項などは、コチラをご覧ください。

【留意事項】
受検者本人の事前同意を得た上で、検査結果が陽性疑いとなったときは、当該者は保健所、検査会社、航空会社等の指示に従っていただきます(診療には費用がかかる場合があります)。結果が陽性疑いであった場合、搭乗はできません。ご家族など濃厚接触の疑いがある方の搭乗もご遠慮いただきます。搭乗キャンセルに伴う費用が発生する場合は原則搭乗者負担となります。(キャンセルに伴う費用については航空各社までお問い合わせください。)
また、搭乗前モニタリング検査は無料で受けていただけます。モニタリング検査を受けていただく方に検査費用を請求することは一切ありません。モニタリング検査を受けられることを語った詐欺にはお気を付けください。その他、本留意事項のアップデートの際には、本ウェブサイトにて御案内します。
なお、対象者以外の方が受検したことが判明した場合、検査費用の支払いを求めるとともに厳正に対処いたします。
※感染状況や不測の事態により必ずしも受けられない場合があります。

【本件に関するお問合せ】
搭乗前モニタリング検査に関する一般の方からのお問い合わせ
●搭乗前モニタリング検査コールセンター
【株式会社電通テック】
TEL : 0570-071-307 / E-Mail : info@pcr-monitoring.jp
受付時間 9:00~17:00 (土日祝含む)


木下グループは、安価で信頼性の高いPCR検査を拡充しています

木下グループが運営する「木下グループ 新型コロナPCR検査センター」は、木下工務店、木下不動産、木下のリフォーム、木下抗菌サービス、医療法人社団 和光会など、グループ内の事業ノウハウを結集して実現しました。同センターは、昨年12月に新橋・新宿に開業、続けて今年2月に渋谷・秋葉原・池袋(すべて都内)に加え那覇(運営サポート)に、4月に羽田空港第1ターミナルと第2ターミナルに、7月に福岡空港・伊丹空港・札幌市・仙台市・山形市など、全国13か所で運営しています。木下グループでは、各店舗および企業団体向けの集配式検査を併せて、1日あたり約13,000件のPCR検査を行っています。検査方法は、唾液によるPCR検査や、鼻腔ぬぐい液によるエキスプレス検査(高精度抗原定量検査)、新型コロナウイルスとインフルエンザを同時検出するエキスプレスPCR検査などで、いずれも信頼性の高い検査キットを採用しています。そのほか、店舗に行くことができない方向けに自宅用の「PCR検査キット」を販売しています。

<直近の実績に関して>
木下グループでは、今年2月のプロ野球春季キャンプに合わせて読売巨人軍が沖縄・那覇に開設したPCR検査センターの運営をサポート、9球団のほかJリーグの4チーム、現地の球場やホテルスタッフ、報道関係者など合計8,000人以上のPCR検査を実施しました。また、ANAセールスと共同でPCR検査付きの旅行パッケージも展開、そのほか日本財団による「高齢者施設で働く方への定期的な無料PCR検査」(1日約5,000件)の運営サポートなども行っています。4月に開業した羽田空港第1ターミナル店/第2ターミナル店においては、これまでに合計で約3万5千件以上の検査を実施しました。

木下グループでは、信頼性の高い安価なPCR検査を拡充することで、コロナ禍におけるみなさまの安心・安全な毎日をサポートできると考えています。

■会社概要
社 名: 株式会社 木下グループ
設 立: 1990年10月
代表者: 木下 直哉 (代表取締役社長兼グループCEO)
本 社: 東京都新宿区西新宿6-5-1
URL:  https://www.kinoshita-group.co.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/70791/28/resize/d70791-28-6c404f386a0fc56a2227-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング