1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「ゼロから始めるサイバーセキュリティの道」「初学者向けOffice講座」の第2期を11月15日から開講。

PR TIMES / 2021年10月19日 11時15分

今夏249名が参加。デジタル領域のスキル習得を今から目指したい方のための初学者向けプログラム。

IcTスキル習得のためのオンライン支援プログラムを開催します。サイバーセキュリティの基礎、Officeスキルに加えて履歴書の書き方や面接の心得を伝授。デジタル関連企業を集めた合同説明会も実施します。



[画像: https://prtimes.jp/i/71883/28/resize/d71883-28-6bf11e01568f4e8a36e7-0.png ]


「若者と社会をつなぐ」をミッションに子ども・若者を支える認定NPO法人育て上げネット(東京都立川市、理事長:工藤啓)は、新型コロナウイルスによって「働く」ことに困難さを抱えた方を対象にした、IcTスキル習得のためのオンライン支援プログラム「R-PAC(アールパック、Reskiiling Program Against the Covid19)」の第2期のプログラムを11月15日から開催します。

すべての講座はオンライン形式でパソコン・スマートフォン等を使用したリモートで参加することができ、IcTに関する基礎的な理解を進めることができます。また、同期間にキャリアに関する個別相談を実施しています。若年無業者(ひきこもり・ニート等)に就労支援を行うスタッフが個々人の事情を聴きとりながら「働く」を実現するための伴走支援を行います。
※ホームページはこちら: https://public.sodateage.net/imakara/

<サイバーセキュリティの基礎講座を開講>
本プログラムは新型コロナウイルスによる感染症の影響を受け、就労環境が整わない方を中心として、社会的な需要の高いデジタル領域への転職活動をサポートします。目玉となるのは、株式会社デジタルハーツの協力のもと行う「ゼロから始めるサイバーセキュリティの道」では、10日間・30時間をかけ、サイバーセキュリティに関する初歩から、多様化するサイバー攻撃について学ぶことができます。
基礎講座は11月15日から11月19日、応用講座は12月1日から12月7日の各5日の連続講座となります。すべての講座に参加した方には修了証を発行します。

<基礎的なitスキルの習得を支援>
Word,Excel,PowerPointの3つのビジネスソフトの講座も実施します。これまで学ぶ機会がなかった初学者向けを対象とし、いまさら聞くことができないと悩む方にもおすすめしています。この講座は、日本マイクロソフト株式会社が取り組む「Global Skills Initiative」の協力も得て実施します。

<履歴書の書き方や面接の心得も伝授>
就職活動をするうえで必須となる履歴書の書き方のコツや面接時の注意事項を、大学生向けのキャリア支援を担当してきた支援員が担当。浸透しつつあるテレワークの経験がない方を対象とした環境整備やスキルセットについてもお伝えします。

<デジタル関連企業を集めた合同説明会を開催>
12月4日の合同説明会にはデジタル領域で活躍する企業が集まりインターンや求人に関する情報提供を行います。興味を持った企業には直接連絡を取ることができ、就職活動をその場で始めることも可能です。

<実施詳細>
日 程:11月15日~12月7日
参加費:無料
形 式:Microsoft Teams ライブイベントを使用した配信形式
対 象:15歳以上の方(義務教育修了後)
※一部のプログラムには定員があります。

<参加方法>
ホームページの申し込みフォームから必要事項を記入して予約をしてください。
ホームページ: https://public.sodateage.net/imakara/

<協力団体>
■株式会社デジタルハーツ
主にゲームソフトの不具合を検出する「デバッグサービス」を提供しており、全国13拠点のテストセンターに在籍する約8,000名のテスターの機動力及び創業以来培ってきたノウハウを強みに事業を展開しております。
多様なバックグラウンドを持つ人材が自身の希望に合わせて勤務できる環境を整備しております。

■Golbal Skills Initiative
マイクロソフトの全世界的な取り組みの一つで、新型コロナウィルスの影響により就労・雇用に影響を受けた方達のスキルアップと雇用可能性の拡大のために、日本マイクロソフト株式会社が様々な領域のNPO等と連携して展開する就労支援プロジェクトです。
新型コロナウィルスの影響で就労や雇用に不安を抱える方達に機会提供していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング