1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

エネラボ株式会社は、関西大学が制定する「関西大学SDGsパートナー制度」のパートナーとして登録することに合意しました。

PR TIMES / 2021年11月9日 14時15分

関西大学SDGsパートナー制度は、関西大学とSDGsの取組みに賛同する企業、自治体、教育機関、団体などが関西大学SDGsパートナーとして連携し、相互の人的、知的資源の交流と物的資源の活用により、SDGsの取組みについて一層の推進を図ることを目的としています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/83066/28/resize/d83066-28-923d2b9231d271235f02-0.jpg ]

今後、エネラボ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:尾崎加代子)は、運営する「エネルギーファンディング(R)」(電気代の一部を支援できる仕組み)を通じて、関西大学の「学生団体」、ゼミにおける「プロジェクト」等の支援を行います。また、「関西大学SDGsパートナー」として、脱炭素社会の実現に向けた協業に取り組みます。
関西大学SDGsパートナー:エネラボ株式会社 掲載ページ
https://www.kansai-u.ac.jp/sdgs/news/2021/11/sdgs-331.html

■関西大学SDGsパートナー制度の連携・協力事項
1.エネルギーファンディング(R)へのご参画
関西大学の「学生団体」、またはゼミにおける「プロジェクト」などを、エネルギーファンディング(R)へご参画、ご掲載することにより、多くの方に認知していただき、資金調達に繋げることができます。
エネルギーファンディング(R): https://enefun.earth/about
2.関西大学校の学生の社会活動を後押し
多数の社会活動団体と繋がっている為、関西大学生における社会貢献活動の企画(体験)などを実現できます。
3.再生可能エネルギーの普及、供給
SDGsの7番目の項目 「エネルギーをクリーンに...」電力会社として、再生可能エネルギーの普及に力を入れています。再生可能エネルギーを、実際に関西大学生や教員に使っていただき、体験談などを掲載、発信できます。
4.講演(勉強会)など
関西大学校の学生、教員へ、再生可能エネルギーや当社SDGs取組の講演など。
再生可能エネルギー・地域活性化(SDGs)など、さまざまな観点からご協力できます。

■エネラボ株式会社のSDGsに係る取組
2016年4月に電力全面自由化がスタートしました。エネラボ株式会社は、自由化になった電力にて新サービスを創造してきました。誰もが当たり前に使う電気、その電気代の一部が誰かの為の支援へ、「エネルギーファンディング(R)」は電力を通じた社会の輪を作りたいという想いから生まれました。また脱炭素社会の実現に向けた再生可能エネルギーの供給も取り組んでいます。

〈 SDGs目標 〉
7  エネルギーをみんなに そしてクリーンに
11 住み続けられるまちづくりを
13 気候変動に具体的な対策を
[画像2: https://prtimes.jp/i/83066/28/resize/d83066-28-89610596dfb0ccfb287e-1.jpg ]


■会社概要
社名:エネラボ株式会社
所在地:<大阪本社>
〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜3−1−22 あいおいニッセイ同和損保淀屋橋ビル 9F
代表取締役:尾崎 加代子
設立:2016年11月
事業内容:電力の売買及び仲介事業
会社HP: https://enelab.jp/

エネラボ株式会社は、エネルギー業界に新しい風を吹かすような、そんな「研究や実験」をリアルな電力会社を自ら運営しながら地域の電力の地産地消を実現し、新しいエネルギー社会を創ります。

■本件に関するお問合せ
エネラボ株式会社 広報室 藤井 070-3796-3337
Email:k.fujii@enelab.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください