コールセンターのCRMソフト「inspirX Communication」Ver4.1を提供開始

PR TIMES / 2014年4月22日 12時12分

BtoB向け顧客情報管理機能を更に強化、そして障害・保守・修理等の情報管理機能を新たに搭載し、ヘルプデスク業務も同時にカバー可能!

inspirX Communication(インスピーリ コミュニケーション)は開発元であるバーチャレクス・コンサルティングのコールセンター運営経験を活かし、現場の視点から開発されたマルチチャネル(電話、FAX、メール、WEBフォーム等)対応の顧客応対履歴管理(CRM)ソフトウェアです。2004年の初リリースから早10年、カスタマーサポートの最前線で順調にそのシェアを拡大してまいりました。今回はBtoB機能を更に強化し、高い拡張性も担保した最新版リリースのご案内となります。



バーチャレクス・コンサルティング株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:丸山 栄樹、以下「バーチャレクス」)は、統合CRMソリューション「inspirX Family(インスピーリ ファミリー)※1」の主力製品である「inspirX Communication(インスピーリコミュニケーション) ※2」の最新版 4.1をリリース、2014年3月上旬より医療・福祉施設向け情報・通信システム専門メーカー様をはじめとした一部のクライアント様に先行して、提供開始いたしました。

inspirX Communicationは開発元であるバーチャレクスのコールセンター運営経験を活かし、現場の視点から開発されたマルチチャネル(電話、FAX、メール、WEBフォーム等)対応の顧客応対履歴管理(CRM)ソフトウェアです。2004年の初リリースから早10年、カスタマーサポートの最前線で順調にそのシェアを拡大してまいりました。

今回のバージョンアップに伴い、特筆すべき特徴は大きく三点あります。

1.個人からの問い合わせを必要に応じて特定の組織、団体に紐づけ可能!

BtoB向け顧客情報管理機能を更に強化し、個人からの問い合わせが組織、団体のマスター情報に紐づけられるようになりました。
例えば、顧客企業の本社と支社、部署別、担当者別の問い合わせ情報が一覧で表示されるため、顧客企業担当のオペレータ、スタッフが不在でも、いつ、どの部署の誰から、どのような内容のコンタクトがあったのか、一覧表の中から詳細を把握できます。
中長期にお客様と信頼関係を結ばなければならないルートセールス型や既存顧客深耕型の営業を行う企業や組織には最適な機能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング