アンチエイジング化粧品の容器動向を探る

PR TIMES / 2013年10月31日 10時35分

化粧品容器メーカーの石堂硝子株式会社が、アンチエイジング化粧品の 容器動向を分析

石堂硝子株式会社(大阪府大阪市)が、アンチエイジング化粧品の容器動向を分析した。
確かな効果と上質感を求める女性の志向を反映したアンチエイジング容器の現状と可能性に迫っている。




□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  I. 肌の悩みのほとんどがエイジングに起因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 女性にとって肌の悩みは一大事。では、どういう問題が彼女たちを悩ませているのだろう。

ネット通販会社が「基礎化粧品通販」をテーマに実施したアンケートの結果から、女性の実態を探ってみた。

 「あなたの肌の悩みを教えてください」という問いに対して最も多かったのは、しみが59.0%。

次いで、毛穴が46.3%、たるみが44.3%、という回答だ。上位5位にランクインしたしみ、毛穴、

たるみ、しわ、はりという悩みはすべてアンチエイジングに起因する問題といえる。

しみ、毛穴、たるみ、しわ、はりの悩みから解放された肌、それは実年齢よりも若く見える肌にほかならない。

 では、「若く見られたい」という意識は年齢によって変わってくるものなのだろうか。

 ビデオリサーチの調べでは主観年齢(自分自身がイメージする自分の年齢)と、実際の年齢との差分を

グラフ化してみると、興味深い結果が表れた。20代から50歳くらいまでは、実年齢との年齢の差がゆるやかに

広がっていくのに対して、50代から60代にかけては-5~6歳で一定になるのである。

 わかりやすくいえば、若いときは「大人に見られたい」という意識が働くが、25才を過ぎる頃から

「若く見られたい」と思い始め、その思いは年を重ねるごとにどんどん強まり、50才からはずっと自分を

「実年齢よりも-5~6歳前後」でイメージしている。

 これは取りも直さず、アンチエイジング化粧品の需要が実に幅広いということ。25才から始まり、

上は70才、80才まで。女性のアンチエイジング志向は衰えることを知らない。


□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  II. メタリックカラーが容器のキーワード!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 次に、市場で女性から支持を得ているアンチエイジング化粧品の容器動向を見てみよう。

 まず目をひくのが、きらびやかなメタリックな色をアレンジした容器だ。代表的なのが、

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング