化粧品OEM:オリジナル(化粧品受託製造メーカー)シーエスラボが、小ロットでの製造が可能なポーション容器を開発

PR TIMES / 2012年7月26日 10時49分



シーエスラボが、小ロットでの製造が可能なポーション容器を開発した。
便利な使い切りサ容器の優れた機能と幅広い利用シーンはいま多方面から注目されている。


☆:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,*:,..,★
 
  利用シーンが広がる、小ロットの化粧品ポーション容器

★*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,....*:,..☆


■小ロットの化粧品ポーション容器が実現した

 「ポーション容器」。こんな言葉を聞いたことはないだろうか。
 ポーション(Portion)とは、英語で「1 部分」や「割り当て」「一人前」を意味する言葉。
コーヒーに使用するミルクやガムシロップ入れとして利用されている。
 ポーション容器は密封性が高いため中身がもれる心配がない。
「ベロ」の部分をつかんでトップシールを簡単に開けられる利便性の高さで、
食品分野での利用が進んでいる。その特徴は以下の通りだ。

  ・密封性が高い
  ・1回使いきりでムダがなく経済的
  ・使う前に封を開けるのでフレッシュ
  ・携帯性が高く、持ち運びに便利

 こうした便利な機能を備えつつ、小ロットでも発注可能なポーション容器をシーエスラボが実現した。
スキンケア化粧品の処方で定評のあるシーエスラボの新境地だ。
 これまでのポーション容器の一番の問題点は、ロットが大きすぎることにあった。
通常のポーション容器の発注ロットは万単位。
シール部分の印刷にはフィルムを使用するため、最低でも1万からの発注が必要となる。
フィルムの単位は非常に長く、大ロットでの発注が不可欠だったのだ。

 しかし、化粧品は多品種少量の時代に突入している。
女性の志向がますます多様化しているいま、細かなニーズを踏まえた商品開発が欠かせない。
 そこで、シーエスラボでは、小ロットでの対応が可能な技術を持つ
フィルムメーカーを開拓し、ロットを大きく下げることに成功した。
発注単位は3000~。以前と比べると大幅にダウンし、
利用しやすくなっている。
小ロットで発注できれば、シール部分のデザインを変えて商品のバリエーションを増やしやすい。

 このポーション容器の種類を紹介しよう

1. 15~25mL入り
2.   2~5mL入り
3.   8~12mL入り

 1は内容物の色が見える透明カップ、2と3は白いカップで内容物は外からは見えない。
用途や内容物によっての使い分けができるラインナップが出揃った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング