ベネディクト・カンバーバッチ主演『SHERLOCK3』 いよいよ5月24日(土)からNHK BSプレミアムで放送開始~カッコ美しい英国男子たちに注目!~

PR TIMES / 2014年5月22日 14時5分



<いよいよ『SHERLOCK3』放送開始!>
 5月24日(土)からはNHK BSプレミアムで、「英国男子」ブームをけん引するあのベネディクト・カンバーバッチ主演の『SHERLOCK3』がいよいよ放送を開始します。
 主演のベネディクト・カンバーバッチは、昨年の来日時に成田空港に1000人のファンが詰めかけるなど、日本でもすでに熱狂的な人気を博しています。彼は英BBCの『SHERLOCK』シリーズの世界的ヒットにより注目され、『スタートレック・イントゥ・ダークネス』『それでも夜は明ける』といったハリウッド大作に次々と出演し、大スターとなりました。英国の名門パブリック・スクール出身の育ちの良さと、舞台で鍛えられた確かな演技力でいま最も注目される俳優の1人です。

<ブーム到来!カッコ美しい英国男子たち>
 5月25日(日)には『ダウントン・アビー』が第3話目に突入し、新たなイケメン俳優も登場!
「使用人のトーマスやばい…」「気品あふれる英語がかっこよすぎ」「こんな使用人がいたら家に引きこもりになる」「目の保養すぎる」。英国俳優たちの“美しすぎる”演技がSNS上で話題となった、NHK総合テレビで日曜夜11時から放送中の『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』。そう、英国ドラマで注目なのが、この“カッコ美しい”俳優陣! 

 まず、外せないのは、マシュー役ダン・スティーヴンス。本作をきっかけにブレイクし、女性誌「GLAMOUR」が選んだ2012年「セクシーな男100人」で55位にランクイン。2013年には男性ファッション誌「GQ」が選ぶベストドレッサー1位に輝いています。映画『The Fifth Estate』では、ウィキリークスのアサンジに扮するカンバーバッチと共演、さらに『A Walk Among the Tombstones』や『ナイト・ミュージアム3』などの出演作が続いています。

 一方、“正統派美男子”のマシューとは正反対の腹黒い第一下僕トーマスを演じるのは、ロブ・ジェームス・コリアー。イギリスでは、ロングランドラマ『Coronation Street』に出演し、2007年・2008年には、ブリティッシュ・ソープ・アワードで“もっともセクシーな男”に選ばれました。

 さらに、25日(日)放送の第3話は、レギュラー陣だけではなくゲスト出演者にも注目!異国の外交官パムーク役で登場するのは、テオ・ジェームス。映画『ダイバージェント』が日本公開を控えている注目株。マシューやトーマスとは違う、ちょっとエキゾチックな魅力もお見逃しなく!

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング