「コカ・コーラ 復興支援基金」 公立小中学校へのエコ支援事業 (後援:文部科学省) 児童数28名 宮城・東松島の小学校に太陽光発電が完成

PR TIMES / 2012年7月9日 18時2分

 「コカ・コーラ復興支援基金」は、2012年7月9日(月)、太陽光発電の設置費用の助成を決定した、宮城県東松島市立宮戸小学校(校長:日下嘉充 児童数:28名)において、太陽光発電の竣工セレモニーを実施いたしました。

 今回の宮戸小学校への助成では、太陽光発電の設置による防災機能の強化と、児童へのクリーンエネルギーに関する教育推進を目的とした応募を受け、事業計画書並びに学校環境教育企画書の内容を審査、事業内容に応じた協議の上、助成を決定いたしました。本件では、3,000万円(税込)を上限に、防災対応機能を備えた太陽光発電(上限20kW)、および蓄電池(上限16kWh相当)の設置に関する費用の全額を、「コカ・コーラ 復興支援基金」が負担いたします。

 竣工セレモニーの式典では、始めに、大沼雄吉東松島副市長が挨拶。大沼市長よりザ コカ・コーラ カンパニー アレキサンダー・B・カミングス エグゼクティブバイスプレジデント※1 チーフアドミニストレイティブオフィサーへの感謝状の贈呈が行われました。続いて同氏が挨拶、「コカ・コーラ 復興支援基金」による復興支援の取り組みと、宮戸小学校への太陽光発電設置の助成について述べました。また、日下嘉充宮戸小学校長が太陽光発電を活用した環境教育等について話し、「設置された太陽光パネルを活用して、エネルギーについて学んでください」と児童に対しメッセージを送ると、生徒代表の6年生・門馬総士さんは「これからは、屋上で作られた太陽光を大切に使っていきたいと思います」と話しました。最後に、仙台コカ・コーラボトリング株式会社 亀井昭伍代表取締役会長から児童代表へ記念品が贈呈されました。
 式典後には、太陽光システムによる発電・利用状況を表示するモニターの点灯式が行われ、生徒全員が参加、その中から1名の代表生徒によりモニターが点灯されました。

 また、今回、「コカ・コーラ 復興支援基金」を設立したザ コカ・コーラ カンパニーから、カミングス氏が視察の為に来日。「コカ・コーラ復興支援基金」による支援活動の進捗を確認いたしました。

 太陽光設備の設置に関しては、ソーラーパネルは校舎の屋上、蓄電池は地上倉庫に設置されました。また、発電量や二酸化炭素の削減量などを表示するモニターが校内廊下に備え付けられ、児童が一目で太陽光発電の使用状況を見ることができるようになりました。これらの太陽光発電は、平常時に学校全体のほぼ全ての電力をまかない、一方で、非常時には貴重な電力供給を可能にします。
 震災発生時、本土と島を繋ぐ唯一の県道が通行不能となり、一時孤立状態となった宮戸島では、宮戸地区のほぼ全員が宮戸小学校に避難。しかし、電気供給が絶たれてから回復まで約1ヶ月半を要すなど、避難所としては設備面での課題が浮き彫りとなっていました。今回の助成による太陽光発電の設置により、学校の防災機能が強化されるとともに、島民約1,000名の宮戸島において、「防災拠点」が中心となった、地域コミュニティの復興が期待されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング