「躍進企業の挑戦 ~ イノベーションが切り拓く未来」

PR TIMES / 2013年2月28日 11時34分

イノベーションセミナー 開催報告

フューチャーアーキテクトが運営する社会貢献活動団体フューチャー イノベーション フォーラムは、ビジネスパーソンを対象にワークショップやセミナーを開催しています。
2013年2月4日に開催した「イノベーションセミナー」では、特別講演にコマツ坂根正弘会長をお招きしました。また、日産自動車、東京海上ホールディングスの「グローバルビジネスを支える強いIT」について各社の事例をご紹介いただきました。



フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:金丸恭文)が運営する社会貢献活動団体フューチャー イノベーション フォーラム(略称:FIF、代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長兼社長)は、2013年2月4日に「イノベーションセミナー2012」を開催しました。本セミナーは、次世代リーダーの育成と交流を目的に毎年開催しており、企業のトップをお招きし特別講演やパネルディスカッションを行っています。

◆ 講演概要 ◆(敬称略)
■ 第一部 特別講演 「グローバル競争に勝ち抜く企業をめざして」コマツ 取締役会長 坂根 正弘氏

人口増加と都市化が急速に進む現在、ぶれない経営判断をするためには、世界の変化を的確にとらえ問題の本質が何なのかを見極めることがとても重要だ。私は8年間の米国赴任中に、日本人の強みは何をやるにもきめ細やかで、他者との協働を苦にしないというものづくりに最適なDNAだと実感した。一方でビジネスモデルを確立するのが不得手であると感じた。ものづくりの強みを活かすには、ビジネスモデルをどう創り上げるのかが勝負である。
2001年の経営改革では、自社の強みを見直し、固定費を削減した。まず業界シェア1、2位の商品だけに注力するよう取捨選択し、ICTを活用した「KOMTRAX」や無人ダンプの運行システムなど強いビジネスモデルも確立した。リーダーのなかにはあれもこれもやるよう指示する人間がいるが、大切なのは、「何を捨てるのか」を明確に指示することである。そのプロセスが自社のダントツ商品は何か、ダントツサービスとは何かを明確にし、ダントツ経営の礎となる。
また、代を重ねるごとに強くなる会社であるためには企業文化をつくっていくことがとても重要だ。コマツでは、「コマツウェイ」によって社員全員が価値観や行動規範を共有している。日本が生き残っていくためには、企業の活性化が不可欠である。企業は国に頼るだけではなく、自社の強みや弱みを整理し分析することが求められている。それゆえ、リーダーの役割は非常に大きい。リーダーには、世界の動きや物事の大局、問題の本質をきちんと自分の目で確かめてもらいたい。また、自分の判断や考えは言葉できちんと伝え、さらにはその言葉を自分自身の行動で示すことが大切だ。そうすれば自ずと社員はついてくる。言葉の溢れる会社は強いということを忘れないでほしい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング