アベノミクス「第3の矢」効果により採用市場が活性化

PR TIMES / 2014年7月29日 14時11分

グローバル人材会社ヘイズ・ジャパン 【7月~9月期 採用動向レポート】

【2014年7月29日】  グローバル人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)が発表した最新の採用動向予測(7月~9月期)によると、安倍政権が打ち出した成長戦略「第3の矢」の影響により国内の採用市場は活性化、中でも人事コンサルタント、ジュニア株式アナリスト、財務ディレクター等に対する需要が高まっていることがわかりました。

国内投資市場の見通しが改善されたことにより、専門スキルをもった有能な人材の需要が高まっており、この傾向は金融業界で特に顕著に見受けられます。

ヘイズによると、安倍政権が発表した様々な成長戦略の影響を受け、国内の採用市場は活発に動き始めています。

金融業界ではジュニアレベルから中堅レベルのバイリンガル人材の採用を積極的に続けています。 IT、ファイナンシャル・テクノロジー、不動産、セールス&マーケティングなどの分野では、引き続きスキル不足が深刻な状況です。経理業務など人材が不足している部門については、採用要件の緩和や、派遣・契約社員の正社員化などの取組みが始まっています。組織の拡大、再編、社員の底上げを図ろうとしている企業側からは、有能な人事担当者の採用ニーズが高まっています。

当期に採用ニーズが高まると予想されるのは下記の専門分野です。

経理・財務:
FP&A(財務計画・データ分析)スタッフの獲得を巡る企業間の競争が激化しており、人材確保が困難な状況になっています。将来性の高いジュニアレベルのバイリンガル・アナリストの需要は特に高く、複数の企業から採用通知を受け取るケースが見られます。雇用市場が上向き傾向を示し、シニアレベルの候補者が社内外で新たなキャリアアップの機会を求めるようになったため、財務ディレクターの欠員が生じてきています。

金融:
株式関連分野での人材需要が拡大しており、特にジュニアレベルの株式アナリストの求人が増加しています。多くのアセットマネジメント企業では株式市場への投資を強めており、ファンドマネジャーへの成長が見込めるジュニアレベルの人材を採用しようとしています。このような需要拡大には、年金運用基金として世界最大の資金を持つGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用比率を見直し、国内外の株式市場への投資を拡大させる方針を打ち出したことが大きく影響していると考えられます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング