【しながわ水族館】10月1日(木)よりイルカショー・アシカショー・アザラシショー再開!!

PR TIMES / 2020年9月30日 16時45分

秋晴れの空の下、屋外の人気ショーが帰ってきます!!

しながわ水族館(東京・品川、館長:冨山昌弘)では、10月1日(木)より「イルカショー」「アシカショー」「アザラシショー」を再開いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/41641/29/resize/d41641-29-189566-0.jpg ]

当館では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月1日(月)の営業再開時より全てのショー及びイベントを休止しておりましたが、今般の規制緩和の状況を踏まえ、10月1日(木)より屋外で行う「イルカショー」「アシカショー」「アザラシショー」を再開いたします。
引き続き感染拡大防止に努め、通常より時間を短縮しての開催となりますが、ステージまでの距離が近く、いきもの生き物たちを身近に感じていただけるショーをお届けいたします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/41641/29/resize/d41641-29-282535-3.jpg ]


なお、「アザラシショー」は10月31日(土)までの
期間限定でハロウィンバージョンで開催いたします。
ハロウィン演出の音楽に合わせて楽器の演奏に
挑戦したりとハロウィン気分を盛り上げます。


また屋内でのショーは引き続き当面の間休止いたしますが、生き物いきものたちの解説イベント「しな水いきものトーク」を開催しております。「しな水いきものトーク」はコロナ禍で制限が多い中、来館されたお客様に少しでも楽しんでいただき、且つ水族館として、いきもの生き物の魅力にふれ興味を持っていただけたらと9月1日(水火)よりスタートいたしました。安全に配慮し短時間ながらも、飼育担当者ならではの思いが詰まったトークと共に、状況によっては給餌なども行いお客様をおもてなしいたします。
10月からは紹介するいきもの生き物を一部変更し、引き続きの開催が決定いたしました。館内の各水槽にてテッポウウオやトンネル水槽の魚たちなど館内9ヵ所でいきもの達生き物たちの魅力を紹介します。

秋の行楽は、海のいきもの生き物たちの魅力にふれられるしながわ水族館でお楽しみください!
[画像3: https://prtimes.jp/i/41641/29/resize/d41641-29-880114-1.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/41641/29/resize/d41641-29-328390-2.jpg ]



◇再開するショーについて◇
【イルカショー】
開催場所:イルカ・アシカスタジアム
開催時間:11:30~、13:30~、15:30~ (各回約7分)

【アシカショー】


開催場所:イルカ・アシカスタジアム
開催時間:<平日>なし <土日祝>14:30~(約7分)

【アザラシショー】
開催場所:アザラシ館 1階
開催時間:11:15~、13:15~、15:15~ (各回約7分)
※10月1日(木)~31日(土)はハロウィンバージョンとなります。


◇しな水いきものトーク◇
しな水のいきもの達の魅力を飼育スタッフが紹介します!
10月1日(木)~ 毎日開催 ※休館日を除く
【実施生物 / 水槽番号】
●ペンギン / 5.ペンギンランド
●テッポウウオ / 17.前 海の宝石箱水槽前
●サンゴ礁の魚たち / 17.海の宝石箱
●トンネル水槽の魚たち / 11.トンネル水槽
●イワシなど / 8.群れを作る魚たち
●カクレクマノミ / ㉑共生水槽
●デンキウナギ / 19.珍しい魚たち
●大型の淡水魚 / 18.世界の大河から
●メガネモチノウオなど / ㉒海の楽園


※生き物の状況により、内容が中止・変更になる場合がございます。

◇中止しているショー・イベント◇
水中ショー/フィ―ディングタイム/プロジェクションマッピング/イルカにタッチ!!/裏方ウォッチング
※再開については決まり次第公式ホームページにてお知らせいたします。

◆「しながわ水族館」概要◆
所 在 地 :〒140-0012 東京都品川区勝島3-2-1 しながわ区民公園内
営業時間:10:00~17:00  ※8月の土・日、8月10~15日は9:00から営業※最終入館は16:30
休 館 日 :火曜日(春・夏・冬休み・GW、祝日は営業)、1月1日
入館料金:大人(高校生以上)1,350円、こども(小・中学生)600円、幼児(4才以上)300円、シルバー(65才以上)1,200円 ※金額は全て税込

■お問い合せ先■
しながわ水族館
TEL.03-3762-3433
公式WEBサイト www.aquarium.gr.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング