Yahoo!JAPAN社員の70%以上がTOEIC対策に効果を実感。

PR TIMES / 2013年4月26日 10時58分

iKnow!とYahoo!JAPANの提携による「Yahoo!英語 powered by iKnow!」の提供に合わせ、iKnow!より4000人のモニター提供を行ったYahoo!JAPANの社員の皆様に、利用後6ヶ月でのYahoo!英語 powered by iKnow!に関する利用アンケートを実施いたしました。

2013年4月以降にTOEICで900点以上をとると100万円を支給するなどの制度を新設するYahoo!JAPAN。Yahoo!英語 powered by iKnow!の効果はいかに!?




ビジネス英語の指標となるTOEIC。そのテスト対策としてYahoo!英語 powered by iKnow!の効果について聞きました。

70%以上がTOEIC対策に効果を実感

▼TOEIC対策として効果があると思いますか?

「とても効果がある」「やや効果がある」と回答した方が合計で全体の70%以上を越える結果に。


70%以上が「単語・熟語の記憶」「ヒアリング力のUP」に効果を感じる

▼学習効果について、あなたの考えに一番近いものを選んで答えてください。

どの分野で効果を感じるのかを聞いたところ、「単語・熟語の記憶」「ヒアリング力のUP」という結果に。TOEICテストのリスニングとリーディング、両方のパートを効果的にカバーできるということが評価されました。


スマートフォンを利用した隙間時間学習が60%

▼PCとスマートフォンのどちらで勉強していますか?

様々な調査で、「英語の勉強が続かない理由」の上位にランクインするのが「時間がない」。iKnow!はクラウドベース、マルチでバイス対応の学習システムなので、スマートフォンを使った隙間時間での学習に最適です。


※本調査は2013年3月に実施。6ヶ月以上iKnow!を利用したYahoo!JAPAN社員の中から、無作為に選んだ327人からのアンケート結果です。


「iKnow!」:英会話に必要なボキャブラリーのインプットに特化した英語学習サービス

「iKnow!」は、英会話のために必要なボキャブラリーのインプットに特化したクラウドベースの英語学習サービスです。脳科学に基づいたラーニング・テクノロジーにより、効率よく確実な英語習得を実現します。日本での累計ユーザー数は100万人を突破。iOS/Androidのスマートフォン及びタブレットに対応。デバイス間で学習データが自動で同期され、時間や場所を選ばずスキマ時間を活用した効率のよい学習が可能です。学習コンテンツは独自の頻度分析により日常英語の95%をカバー。基礎英語、トラベル、ビジネス、TOEIC(R)対策、中国語など幅広いカテゴリーを提供しています。(URL:http://iknow.jp/
【商標について】iKnow!(R) は、セレゴ・ジャパン株式会社の登録商標です。
※ その他文中に記載している社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング