南スーダンにおける緊急人道支援 長引く紛争、飢餓状態の悪化、伝染病の拡大から子どもたちを守るために

PR TIMES / 2014年6月12日 11時8分

紛争によって引き裂かれ、飢きんリスクが高まる南スーダン。20年以上にわたる長い内戦の末に2011年7月に独立したばかりの世界で一番新しい国の未来は、危うい状態にあります。



■犠牲になる人々
昨年12月に武力衝突が発生して以来、南スーダンの各地で子どもたちが犠牲になっています。学校や病院が襲撃され、何万人もの人々が殺され*1、何十万人もの人々が家を追われています。さらには9,000人以上の子どもが武装勢力に徴用されています*2。人々は安全を求めてちりぢりに避難し、数百キロも離れた茂みや、収容人数を大幅に超えたキャンプでの生活を余儀なくされています。
喫緊のニーズとして、緊急医療、食糧、清潔な水の提供、そして市民の保護などが求められます。

■子どもの被害状況と子ども保護の必要性
今すぐ支援規模拡大の対策が講じられなければ、5歳未満の子どもの5万人以上が栄養失調で亡くなることが予測されています*3。
また、多くの子どもたちが、友人や家族が暴行を受けたり殺害される瞬間や、家が略奪にあったり破壊される現場を目撃しています。さらには避難時の混乱の中で家族とはぐれてしまった子どもたちが何千人もいます。そうした子どもたちは、直ちに保護され、心理的ケアを受ける必要があります。

■飢きんリスクの高まり
南スーダンの人々が直面している飢餓は、このまま紛争が続いて人々が日常生活に戻れず、人道支援が届かなければ更に悪化し、深刻な飢きんになる恐れがあります。現在250万人の子どもが飢餓状態にあり、その数は増え続けています。
紛争の影響を最も受けたジョングレイ州、ユニティ州、上ナイル州の子どもたちは、学校を辞めて昼夜食用の野生植物を探して歩かなければなりません。多くの子どもが下痢に苦しみ、空腹で弱っているため死に至る場合もあります。予防や治療が可能なはずの栄養失調によって、幼い子どもたちが毎日亡くなっています。
このような事態に対処するため、セーブ・ザ・チルドレンはアコボの医療センターで食糧の配布を行っており、毎日食糧を求める人々が何時間も歩いてやって来ます。

■マラリアやコレラの感染拡大の懸念
さらなる追い打ちとして南スーダンでは雨期が始まり、遠隔地への通行が困難になると同時に、子どもたちにはコレラやマラリアなどの伝染病の危機にさらされています。首都ジュバではこれまでに27人がコレラの感染で死亡。紛争の影響を最も受けた地域でも、コレラ感染が疑われるケースが発生しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング