PTCが2014年度第4四半期ならびに通期の業績、2015年度第1四半期ならびに通期の指標を発表し、長期目標を更新

PR TIMES / 2014年11月26日 19時21分

【2014年11月26日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、2014年9月30日に終了した第4四半期の業績に関する米PTCの発表を明らかにしました。



【ハイライト】
■第4四半期の業績
- 非GAAP売上高3億6,800万ドル、前年同期比7%増。為替変動分を除いた場合は6%増。
- 非GAAP1株当り利益0.67ドル、前年同期比13%増。為替変動分を除いた場合は12%増。
- 非GAAP営業利益率26.2%、前年同期比120ベーシスポイント減(為替変動分を除いた場合は130ベーシスポイント減)
- GAAP売上高3億6,700万ドル、GAAP営業利益率9.8%、GAAP1株当たり利益0.33ドル。
- 第4四半期の非GAAP売上高におけるエニグマ社分(2013年7月11日に買収)、NetIDEAS社分(2013年9月5日に買収)、ThingWorx社分(2013年12月30日に買収)、Atego社分(2014年6月30日に買収)、Axeda社分(2014年8月11日に買収)の売上高貢献額は1,600万ドル。

■2014年度の業績
- 非GAAP売上高13億5,800万ドル、報告済売上高および為替変動分を除いた売上高ともに前年比5%増。
- 非GAAP1株当たり利益2.17ドル、前年比20%増。為替変動分を除いた場合は19%増。
- 非GAAP営業利益率25.1%、前年比300ベーシスポイント増(為替変動分を除いた場合は280ベーシスポイント増)
- GAAP売上高13億5,700万ドル、GAAP営業利益率14.5%、GAAP1株当たり利益1.34ドル。
- 2014年度非GAAP売上高で、買収事業の売上高貢献額は2,400万ドル。

■指標
- 指標内容と主な前提条件は、下記の関連資料「財務報告に関する詳細」の一頁目をご参照ください。

第4四半期と2014年度通期のGAAPと非GAAPの業績値の照合は、下記の関連資料「財務報告に関する詳細」表をご参照ください。

【業績について】
PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann)は「2014年度はPTCにとり重要な1年でした。事業戦略の面では、モノのインターネット(IoT)の分野で大規模投資に踏み切りましたが、これにより、急速に成長するスマート・コネクティッド・プロダクツのマーケットにおけるリーダーとしての地位を確立したと確信しています。これを現在の事業の中心であるCAD、PLM、ALM、SLMマーケットに向けた優れた製品群を組み合わせることで、新たなビジネスチャンスを生み出し、2015年度およびそれ以降の成長を加速することが可能になります。財務面では、2014年度には売上高5%増、非GAAP1株当り利益の成長率20%増となり、2009年に提示した、今後5年間にわたり非GAAP1株当たり利益を年20%拡大するというコミットメントを実現することができました。2009年度から2014年度までで、非GAAP1株当り利益の年平均成長率(CAGR)は22%、営業キャッシュフローについては34%を達成しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング