ノルウェー・フィヨルドエリア プレスツアー 2013年6月21日(金)~6月30日(日)

PR TIMES / 2013年5月8日 10時21分

NORWAY. POWERED BY NATURE.

スカンジナビア政府観光局(STB)は、放送局、出版社、新聞社、通信社、ウェブサイトなどプレス関係者を対象に、取材ツアーを実施いたします。ツアーのコンセプトは”NORWAY. POWERED BY NATURE.” フィヨルドをはじめとするノルウェーの美しい大自然から元気と生きるパワーをもらう旅です。



◆日程: 2013年6月21日(金)~6月30日(日) 10日間
◆内容(予定):
6/21(金)SK984便にて成田10:40発デンマーク/コペンハーゲン16:05着
SK1476便にてコペンハーゲン18:05発ノルウェー/オスロ19:20着
SK4055便にてオスロ20:20発/スタヴァンゲル21:10着(スタヴァンゲル泊)
6/22(土)スタヴァンゲル市内またはリーセフィヨルド取材(ローエン泊) 
6/23(日)バスでベルゲン到着後、ハダンゲルフィヨルドへ移動(ハダンゲルフィヨルド泊)
6/24(月)ハダンゲルフィヨルド取材後、バスでソグネフィヨルドへ移動(ソグネフィヨルド泊)
6/25(火)バスにて氷河観光などソグネフィヨルド取材(ソグネフィヨルド泊)
6/26(水)バスにてベルゲンへ。世界遺産ブリッゲンなどベルゲン市内取材(ベルゲン泊)
6/27(木)SK260便にてベルゲン10:25発/オスロ11:15着。オスロ市内取材(オスロ泊)
6/28(金)ムンクをテーマにしたオスロ市内取材ツアー(オスロ泊)
6/29(土)SK1467便にてオスロ12:20発/コペンハーゲン13:30着
SK983便にてコペンハーゲン15:45発日本へ(機内泊)
6/30(日)9:35成田着


◆取材エリアの紹介:
最初に訪れるスタヴァンゲルは、ノルウェー北海油田ビジネスの拠点でリーセフィヨルド観光の起点となる街でもあります。ハダンゲルフィヨルドはなだらかな地形に果樹園が続く牧歌的な風景が印象的で、作曲家グリーグと縁の深いフィヨルドです。ベルゲンはソグネフィヨルド観光の拠点でノルウェー第二の都市。ハンザ商人の商館だった色鮮やかなブリッゲンは世界遺産に登録されています。ソグネフィヨルドは世界遺産ネーロイフィヨルドクルーズや山岳鉄道のフロム鉄道などノルウェー観光ではずすことのできない、見どころ満載のエリアです。首都オスロでは、ノルウェーを代表する画家エドワルド・ムンクの生誕150年で活気づき、6月からは大規模な回顧展が行われます。

<各スポットに関する詳細は以下のサイトをご参照下さい>
・リーセフィヨルド観光の拠点スタヴァンゲル http://www.regionstavanger.com
・世界遺産ブリッゲンを有する街ベルゲン www.visitbergen.com
・グリーグも愛したハダンゲルフィヨルド http://www.hardangerfjord.com
・世界遺産クルーズやフロム鉄道など見どころの多いソグネフィヨルド http://www.sognefjord.no
・ムンク生誕150年でにぎわう首都オスロ http://www.visitoslo.com

◆応募概要
・参加資格: 原則として2013年12月末までに当プレスツアーでの取材内容を、放送局の場合は放映、雑誌の場合はカラー6ページ以上掲載、新聞等の場合は1/4ページ以上、WEBの場合は5ページ掲載できることが条件となります。
・参加費用: 空港税等のTAX、燃料サーチャージ等はご負担いただきます。
・募集人数: 6名(雑誌1社につき2名、WEBは1社につき1名まで)
・応募締切: 2013年6月6日(金)

※スカンジナビア政府観光局スタッフが同行します
※日本国内の食費及び交通費、現地での自由行動時の食費、交通費は媒体負担となります
※上記日程・ルートはいずれも都合により変更する場合があります
※掲載時には、特集内に弊局のクレジットが必要になります(取材協力:スカンジナビア政府観光局)

◆応募方法:
上記プレスツアーにご関心のある方は、次ページの申込書にご記入の上、下記宛にメールまたはFAXでお申込みください。申込み多数の場合は、弊局にて審査させていただく場合がありますのでご了承下さい。お申込いただきました方には結果に関係なく6月14日までに連絡致します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング