働く女性の「ストレスと健康」に関する意識調査

PR TIMES / 2012年8月1日 16時10分



その疲れの原因、肝臓かも!?

体の疲労を感じている女性は9割以上
働く女性の日常的な「睡眠不足」「ストレス」「運動不足」「砂糖・脂肪の摂りすぎ」は
すべて肝臓に負担、さらに疲れが増すという悪循環に!

長瀬産業株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:長瀬 洋)の100%子会社である、株式会社ナガセ ビューティケァ(東京都中央区日本橋小舟町5-1/代表取締役社長:平井孝明)では、このたび、全国の20歳代~50歳代の働く女性を対象とした‘働く女性の「ストレスと健康」に関する意識調査’と題したアンケート調査を実施いたしました。(調査期間:2012年6月22日~24日、有効回答数500人)ここに調査結果がまとまりましたのでご報告いたします。

*****************************************

【トピックス】

■日常的に「体の疲労」を感じている働く女性は9割以上!
体の疲労の主な原因は、「睡眠不足」「日常的なストレス」「仕事が忙しい」「運動不足」。

■「心のストレスを感じる」女性は8割。体と心のストレスを共に抱えるのは20代が最多。

■「これもやっといて」「頑張りが足りない」等、ドッと疲れるのは人からの過剰な期待。

■太るけど食べたい…。つい摂りすぎてしまうのは「砂糖」「塩分」そして「脂肪分」。

■働く女性の25%以上が「飲まない」。飲酒頻度が週1回未満は、約6割近くに。
習慣的に飲酒するのは40~50代で、毎日飲む頻度は20代の4倍も。

■体の健康に大きく影響する肝臓。肝臓の働きを「なんとなく知っている」5割。
肝機能を気にしている女性は、わずか7%。

■肝臓のイメージは、“アルコール”関連が最多。お酒を飲まない女性が“肝機能”を気に
しているのは、飲む女性に比べてわずか1/4!

白澤 卓二 先生(医学博士。順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授、日本抗加齢医学会理事。アンチエイジングサイエンスの第一人者。)
仕事上でのプレッシャーや忙しさを強く感じる女性が増えている事が窺えます。これは慢性的な疲労に繋がり、身体機能にも影響を与えます。例を挙げれば、体内の解毒機能を司る肝臓が、慢性疲労で機能低下し、デトックスが上手くいかなくなる事などです。肝臓=アルコール(飲酒)というイメージが根強い為、その働きについての認識が低い事が調査結果にも表れていますが、健康維持の基本(栄養バランス・運動・休養)を守り、自分なりのリラックス方法を見つけて、疲労を蓄積しないように心掛ける事が大切だと思います。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング