2013年 化粧品容器動向総括:石堂硝子株式会社

PR TIMES / 2013年12月26日 10時23分

2014年の新しい化粧品市場と容器傾向を知るために

化粧品容器メーカーの石堂硝子株式会社(大阪府大阪市)が、
2013年の化粧品の容器トレンドを総括した。
2014年にどのような新しい動きが生まれるのかを見極める上でも
有益な分析内容だ。




**************************************************************
   ~ 2013年の化粧品容器動向を総括する~               
***************************************************************
 

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1. 活性化するメンズコスメ市場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

2013年の一つの特徴といえるのが、メンズコスメ市場の盛り上がりだ。

メンズコスメの分野に参入するメーカーが増え、新ブランドの立ち上げが相次いでいる。

洗顔料や化粧水といった顔に使用する化粧品に加えて、ヘアケアの種類も激増しているこの市場は、

化粧品業界での期待の星であることは間違いない。

 では、メンズコスメの容器にはどのような特徴があるのだろうか。

 キーワードは、清潔、颯爽、清冽感。爽やかな印象を与える色をボディに採用しているメンズコスメが大半だ。

男性がコスメを積極的に使うのは、脂ぎった印象を取り除き、清潔感を保つためであることを考えると、

極めて妥当な選択といえるだろう。

スリムでスマートな印象をもたらすフォルムの容器も目立つ。
 
スリム、スマート、スレンダー、颯爽、爽やか、清潔感。メンズコスメの容器は「S」で始める形容詞が

キーワードだ。

 メンズコスメ市場が活性化する中で、ユニークな容器も出現した。2013年4月に立ち上がった新興ブランド、

BULK HOMMの容器は、洗顔料、化粧水、乳液の3点ともにパウチタイプの容器を採用している。

女性の化粧品市場で一世を風靡した「どろあわわ」と同じタイプの容器である。

 BULK HOMMはソーシャルメディアを駆使したり、人気メンズアパレルブランドのVANQUISHとコラボした製品を

出すなど、勢いのあるブランドの一つ。こうした新興ブランドが採用したパウチタイプは、

今後、追随するところが増えてくる可能性が濃厚だ。

これからもメンズコスメ市場から目が離せない。


□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2. 進む容器の大型化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング