ル・コルドン・ブルー・インターナショナル HEG-Hautes Etudes Gout(美食に関する最先端研究機関)2013年度日程発表

PR TIMES / 2013年2月25日 11時42分

フランス/パリ&ランスにて開催プログラム日程およびスカラシップを発表

ル・コルドン・ブルー・パリはフランスのランス大学と提携し、毎年秋に「味覚」と「美食(ガストロノミー)」を歴史・科学・経済学的アプローチで食事・飲料とその環境について分析する研究機関を組織し特別講座を実施。2013年度は、10月14日(月)~ 26日(土)での開催が決定。本プログラムは、食文化に携わるプロフェッショナルを対象に、文化的・科学的な解析力を授けることでより現場で役立つ知識を提供することを目的とし、先を読む、革新的なプログラムは先端研究に携わる大学教授やフランス国内外の専門家が講師を担当。2週間の集中講座で、1週間をル・コルドン・ブルー・パリ校、1週間をランス大学(フランス北部、シャンパーニュ=アルデンヌ地域最大の都市・ランス、パリからTGVで約45分の距離)で実施。授業は仏語に英語の通訳付。受講費は6,000ユーロ。(授業料や英語の通訳、宿泊、食事にフランス国内の交通費を含む)
ル・コルドン・ブルー・パリでは受講費が半額になるスカラシップを実施。(スカラシップの申込締め切りは3/30)



ル・コルドン・ブルー・ジャパン株式会社(本社:渋谷区猿楽町、アジア代表:シャルル・コアントロ、以下)は、フランス、パリ校がランス大学と提携し実施するHEG-Hautes Etudes Gout 2013(美食に関する最先端研究機関)の開催日程およびスカラシップの実施について発表します。
ル・コルドン・ブルー・パリはフランスのランス大学と提携し、毎年秋に「味覚」と「美食(ガストロノミー)」を歴史・科学・経済学的アプローチで食事・飲料とその環境について分析する研究機関を組織し特別講座を実施しています。2013年度は、10月14日(月)~ 26日(土)での開催が決定致しました。食物が生産され、調理技術により「食事」として表現される“プレゼンテーション”や“ティスティング”を経て認知され、さらに文化的な価値が生み出される、という今日のガストロノミーを360°、全方位からアプローチする画期的な2週間の集中講座です。本プログラムは、食文化に携わるプロフェッショナルを対象に、文化的・科学的な解析力を授けることでより現場で役立つ知識を提供することを目的とします。先を読む、革新的なプログラムは先端研究に携わる大学教授やフランス国内外の専門家を講師とし、フランス語に英語の通訳がついて行われます。また、講義内容に沿った試食も提供されます。2週間の集中講座は、1週間をル・コルドン・ブルー・パリ校、1週間をランス大学(フランス北部、シャンパーニュ=アルデンヌ地域最大の都市・ランス、パリからTGVで約45分の距離)で実施されます。
全講座の受講を証明する修了証がル・コルドン・ブルー・パリから発行され、さらにランス大学で実施される最終試験の合格者にはランス大学からのディプロムが授与されます。受講費は6,000ユーロ。(授業料や英語の通訳、宿泊、食事にフランス国内の交通費を含む)
ル・コルドン・ブルー・パリでは受講費が半額になるスカラシップを実施しています。
詳細は実施概要をご参照ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング