デルタ航空、ボーイング747-400型機へのフルフラットベッドシート導入を開始

PR TIMES / 2012年2月16日 17時15分



2012年10月末までに全16機に導入完了

【米国アトランタ、2012年2月15日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は、ボーイング747-400型機の内装刷新を進めています。ビジネスクラス「ビジネスエリート」には完全に水平になるフルフラットベッドシートを導入するほか、エコノミークラスにはオンデマンド型の個人用オーディオ・ビデオモニターを装備し、パーソナルスペースをより広くとることができる新型の「スリムライン」座席を導入します。このほど1機目の改装が完了し、1月26日に成田空港-デトロイト空港間のフライトに使用されました。今後改装の進捗に伴い、太平洋路線や大西洋路線の各路線に順次導入され、2012年10月末までには全てのボーイング747-400型機にて新シートをご利用いただけるようになります。

新シートの動画・画像はマルチメディアプレスルームにてご覧いただけます。
http://www.multivu.com/mnr/48935-delta-begins-full-flat-bed-seat-installations-on-boeing-747-400-aircraft

改装後の747型機は、ビジネスエリート48席、エコノミーコンフォート42席、エコノミー286席の、計376席となります。新シートの概要は以下のとおりです。

ビジネスクラス「ビジネスエリート」

1階席と2階席にある「ビジネスエリート」の座席数は計48席となり、全座席ともフルフラットベッドシートで通路に面しているため、隣のお客様を気にすることなく座席への出入りが可能です。各座席には110ボルトの電源、USBポート、読書用LEDライトが装備され、15.4インチのワイドビデオスクリーンでは、300本以上の映画、計88時間以上のテレビ番組、計100時間を越えるHBOやShowtimeなどのプレミアプログラム、27種類のビデオゲーム、5,000曲以上のミュージックトラックなど、米国航空会社の中で最多の合計1,000種類以上からお好きなプログラムをお選びいただけます。

航空機器メーカー、ゾディアック・エアロスペースの設計による新しい747型機のビジネスシエリートのシートは、長さ約80インチ(約2メートル)、幅は20.5インチ(約52センチ)で、既にフルフラットベッドシートを搭載しているボーイング777型機材の座席と同様に、ヘリンボーンスタイルで斜めに配列されています。窓側のシートは窓向きに配置され、1階席中央の2列のシートは斜めに向き合う形となり、ご同行者がいる場合に適した配置になります。座席幅は20%増となり、大型のダイニングテーブルと個人用スペースとなるサイド・コンソールが設置されています。3席並ぶ座席や進行方向と向きが反対になる座席はありません。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング