ツカダ・グローバルホールディング、「ウェルネス&リラクゼーション事業」へ進出

PR TIMES / 2014年8月18日 11時4分

英国式リフレクソロジーサロン「Queensway(クイーンズウェイ)」 を運営する株式会社FAJAを子会社化

婚礼事業、ホテル事業を国内外で手掛ける、株式会社ツカダ・グローバルホールディング(東証一部上場
本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:塚田正之 以下TGH)は、平成26年8月15日開催の取締役会において、株式会社FAJAの株式の取得を決議いたしました。



【今後の発展、拡大が見込まれるウェルネス&リラクゼーション市場】
近年の健康・美容への関心の高まりを背景に、リラクゼーション関連分野(ボディケア、リフレクソロジー、入浴、温泉、スパ、アロマテラピー、ヨガ等)の市場は拡大し、ボディケア・リフレクソロジーだけでも1000億円を超える規模となっています。(株式会社矢野経済研究所:ボディケア・リフレクソロジー市場に関する調査結果2013より)人口減少と高齢化が進む現代の日本で、心身の健康は社会的なニーズであり、「ウェルネス&リラクゼーション」市場は今後、大きく発展、拡大するものと私たちは考えています。

【ゲストハウスやホテルの企画開発・運営で培ったノウハウを注入】
「アートグレイス」「セントグレース大聖堂」等のゲストハウスを全国で展開する株式会社ベストブライダルや、
「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」を運営する株式会社ホスピタリティ・ネットワークを傘下に持つTGHは、ゲストハウスやホテルの企画開発・運営で培った「心地よい空間づくり」や「最高のおもてなし」、当社ならではのノウハウを活かし、「ウェルネス&リラクゼーション」市場でも、新しい顧客価値を提供してまいります。

【株式会社FAJAの買収について】
株式会社FAJAは、子会社2社を通じて、英国式リフレクソロジーサロン「クイーンズウェイ」及び、英国式リフレクソロジースクール「クイーンズウェイリフレクソロジー・スクール」を運営しています。クイーンズウェイは、リフレクソロジーのパイオニアとして全国に36店舗を展開。働く女性達を中心に上質な癒しの場を提供しており、その技術力と接客力で、高いブランドイメージとリピート率を誇ります。
今回、株式会社FAJAは、TGHの傘下に入ることで、新規店舗の開発と人材の育成により注力し、出店による売上増や持続的な事業の成長を見込んでおります。また、TGHはグループ全体の「顧客生涯価値」を向上させるべく、運営する施設(ゲストハウス、ホテル、レストランなど)との相互送客に努めてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング