【ジェクス】「明治大学学生赤十字奉仕団クローバー×すぎなみレッドリボンプロジェクト(杉並区協働提案事業)キックオフトークイベント」にてラブ活応援委員長 鈴木奈々がスペシャルゲストとして登場!!

PR TIMES / 2016年4月26日 17時23分

  http://www.jex-inc.co.jp/

「明治大学学生赤十字奉仕団クローバー×すぎなみレッドリボン
プロジェクト(杉並区協働提案事業)キックオフトークイベント」にて
ラブ活応援委員長 鈴木奈々がスペシャルゲストとして登場!!
http://www.jex-inc.co.jp/




 ジェクス株式会社(本社:大阪市中央区谷町、代表取締役:辻 正照、以下:ジェクス)の、正しい性知識の普及やコンドームの着用を推奨する活動「ラブ活」応援委員長である鈴木奈々さんが、「明治大学学生赤十字奉仕団クローバー×すぎなみレッドリボンプロジェクトキックオフトークイベント」に参加。自身の経験を踏まえたトークショーと、グラマラスバタフライ ナチュラルをプレゼントで、コンドームの大切さを啓発しました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/10308/31/resize/d10308-31-278056-1.jpg ]



 本イベントは、明治大学公認の福祉ボランティアサークルである「明治大学学生赤十字奉仕団クローバー」と、若者に向けてHIVや性感染症の正確な知識の普及活動を行う杉並区の協働提案事業である「すぎなみレッドリボンプロジェクト」が新規メンバーを募集するキックオフを記念したトークイベントです。

 イベントでは、「コンドームの達人」として様々なメディアで活躍している、泌尿器科医の岩室紳也先生による講演「ホントに知りたい“性”のはなし」をはじめ、サプライズゲストとして「ラブ活」の応援委員長である鈴木奈々と岩室先生のトークショーのほか、「若者の性の問題を自分事にしてもらうために、有効な施策を考えてみよう!!」というテーマのもと、参加者によるワークショップが行われました。

 さらにジェクスは、「グラマラスバタフライ ナチュラル」の商品提供をし、鈴木奈々が参加者の方に直接サンプリングを行い、コンドームの普及や正しい性の知識を伝えるための啓発活動を行いました。

 今後もジェクスは、性に関する正しい情報をとどける啓発活動のみならず、性と正しく向き合える幸せな社会づくりに貢献してまいります。


■「ラブ活」の一環として、コンドーム協賛を告知
「ラブ活」とはコンドームブランド「グラマラスバタフライ」発信で、コンドームを正しく使用し、男女が性と正しく向き合うことを啓発する活動です。お互いの心とカラダを思い合える、幸せなLOVEを広げる目的で2013年より鈴木奈々が応援委員長を務めています。
すぎなみレッドリボンプロジェクトのみならず、全国では様々な啓発団体や講師、教諭の方々が性教育を実施されていますが、装着練習などに用いられるコンドームは自費で購入されている例も少なくありません。
ラブ活2016キャンペーンサイトでは、学生に向けて性教育をされる方を対象とし、サンプルの提供を開始。
初めてのSEXでトラブルなくコンドームを使用できるよう、少しでも貢献出来ればと考えています。
協賛依頼は、同サイトの応募フォームから可能です。
応募フォーム  http://www.glamourousbutterfly.jp/lovekatsu/edu/


■ 岩室紳也先生の講義の様子
性感染症予防や望まない妊娠を予防するにはコンドームの使用が有効であることや、若者が性に関する正しい知識を得られていない問題について講義を行いました。
岩室先生は講演中、「近年の若者はインターネットの普及により、リアルでのコミュニケーションが不足していると共に、世の中に対して生きづらさや孤独感を感じている傾向にあります。」「他人と互いの経験を語り合うことが少ないため、AV等から得た間違った知識を実践してしまっている。」「コンドームの使用に関しては、正しい知識を持っていても、孤独感から誰かに必要とされたいという気持ちが強いため、パートナーにコンドームを使用してほしいという意思を上手く伝えられないという問題を抱えている。」など語り、性の問題と心の問題の関連性と、それらの解決には日常的なコミュニケーションが有効であると語りました。
また、後半には正しいコンドームの付け方の実演を行い「気をつけよう、その一滴で子が出来る。立ったらつけよう、コンドーム。」と川柳を披露し、開場を沸かせました。


■ 鈴木奈々のトークショーの様子
視聴者と一緒に講演を受けた鈴木奈々が登場し、岩室先生と共に自らの体験談等からコンドームを使用する事の大切さを伝えました。トークショーでは「お母さんにコンドームを発見されたが、“安心したありがとう”と言ってくれた。」「自らコンドームをつけてくれてる人は、大切にしてくれると思ってもっともっと好きになる。」「愛が伝わるコンドーム、きちんと使いましょう!」など、コンドームの大切さを積極的に語りました。
岩室先生からは「コンドームの申し子」とお墨付きを頂き、最後の挨拶時には「今日学んだ事を大切な友達や大切な人に伝えよう、コンドームをつけてくれる人がカッコいいと思うし、愛を感じる。私はコンドームが大好きです!恥ずかしいことは何もないです!」とトークショーを締めくくりました。


■ ワークショップの様子
「若者に性の問題を自分ごとにしてもらう為に、有効な施策って?」というテーマのもと、5~6人のグループに分かれディスカッションを実施いたしました。
インタビュアーとして鈴木奈々がアイディアをヒアリングすると、「YouTubeのCMコーナーでPVを流す」「コンドームをつけるつけないでシュミレーションゲームをつくる」など若者らしい意見のほか「鈴木奈々にコンドームソングを歌ってもらう」などユニークな内容も発表されました。鈴木奈々に「つけてますか?」と聞かれた男性が、「はい、つけてます」と答えると、鈴木奈々から「好き!大好きです!」と言われ、男性が照れてしまうなど、アットホームな雰囲気の中、活発に意見交換が行われました。


■ 明治大学学生赤十字奉仕団クローバー×
すぎなみレッドリボンプロジェクトキックオフトークイベント」概要
期 日 :2016年4月22日(金)
会 場 :明治大学 和泉キャンパス 和泉図書館ホール
講 師 :岩室紳也(ヘルスプロモーション推進センター代表、厚木市立病院泌尿器科勤務)
主 催 :すぎなみレッドリボンプロジェクト(杉並区協働提案事業【杉並区、NPO法人HIVと人権・
情報センター、NPO法人ピルコン】)、明治大学学生赤十字奉仕団クローバー


[画像2: http://prtimes.jp/i/10308/31/resize/d10308-31-265013-2.jpg ]



■ 泌尿器科医 岩室紳也先生プロフィール
ヘルスプロモーション推進センター(オフィスいわむろ)代表・厚木市立病院泌尿器科勤務。
HIV/AIDSの診療と普及啓発の両面から取り組み、特に若者をターゲットにHIV/AIDSに関する講演を年間100回以上行っている。無料動画サイトYouTubeで公開されているコンドームの付け方動画は、600万回以上再生され、自ら「コンドームの達人」と称して「ホンマでっか!?TV」など数々のメディアでも活躍している。
岩室紳也先生ホームページ http://iwamuro.jp


■ すぎなみレッドリボンプロジェクト概要
若年世代等に向けたHIV等性感染症予防の効果的な普及啓発を行う、杉並区とNPO法人HIVと人権・情報センター、NPO法人ピルコンによる協働プロジェクト。


■ 鈴木奈々プロフィール
2012年に約350本のテレビ出演を果たし、ブレイクタレントランキング女性部門第1位を獲得。 人一倍の元気と不器用ながら何事も全力でぶつかるその姿勢が、世代を超えて元気キャラとして公認され、 テレビCMや茨城県の広報活動、モデル業など幅広い分野で活躍している。さらに、2013年より「ラブ活応援委員長」としても活動している。


■ 「グラマラスバタフライ ナチュラルモイスト」商品概要

[画像3: http://prtimes.jp/i/10308/31/resize/d10308-31-544759-3.jpg ]



商 品 名 :グラマラスバタフライナチュラルモイスト
価 格 :980円(実勢価格)
素 材 : 優れたフィット感のラテックス製
特 徴 :スーッと広がるうるおいゼリー剤・ジェルトップ加工・ナチュラルタイプ
数 量 :10個


■ 「グラマラスバタフライ ナチュラルホット」商品概要

[画像4: http://prtimes.jp/i/10308/31/resize/d10308-31-325683-4.jpg ]



商 品 名 :グラマラスバタフライナチュラルホット
価 格 :980円(実勢価格)
素 材 : 優れたフィット感のラテックス製
特 徴 :スーッと広がるホットに感じるゼリー剤・ジェルトップ加工・ナチュラルタイプ
内 容 量:10個


■ジェクス株式会社
名 称 :ジェクス株式会社
U R L : http://www.jex-inc.co.jp/
設 立 :昭和35年12月7日
資 本 金:3億円
代 表 :代表取締役 辻 正照
所 在 地 :〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目3番12号
事 業 内 容:医薬部外品・医療機器・化粧品・育児用品・生活関連用品等の製造販売

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング