長野県大町市と共同で山岳地帯のLPWA中継実験を実施

PR TIMES / 2017年12月26日 13時1分

~携帯圏外の北アルプス山中における配水池からの長距離伝送を実現~

 株式会社NTTドコモと共同で39Meister事業を運営する株式会社ハタプロ(本社:東京都港区、代表取締役:伊澤 諒太、以下ハタプロ)39Meisterチームは、長野県大町市と共同で、2017年秋季にかけ、北アルプスの山中において複数の中継装置を用いたLPWA(Low Power Wide Area)の通信実験を実施しました。その結果、これまで単一の送信機では伝送ができなかった配水池の状況に関するデータを、中継装置で中継することで長距離にわたり伝送することに成功いたしました。



■背景
 長野県大町市においては北アルプスの豊かな自然が生み出す湧水を複数の拠点施設を経由し、水源となる配水池から各戸へ運んでおり、市民生活にとって重要なライフラインとなっております。しかし水源となる配水池は北アルプス特有の複雑な地形や積雪などの環境の中にあり、その管理・運営は容易ではありません。いわゆるIoT機器の導入による遠隔管理を目指そうとしても、携帯電話回線が圏外である上、長距離伝送が可能なLPWA通信機器でさえも通信ができないなどの課題を抱えておりました。

 免許不要の920MHz帯域LPWA通信においても長距離伝送を行うために、今回39MeisterチームはLPWA送信機・受信機に加え、新たに3台のLPWA中継装置を導入したLPWAの通信ネットワークを北アルプス地区に構築いたしました。 その結果、単一のLPWA通信機器であれば1km程度で通信が途切れてしまう環境であっても、中継をさせることにより合計4km以上の伝送を可能としました。実験エリアは冬季立ち入り禁止区域であり、これまでの通信方式では受信機を立ち入り禁止区域内に置かざるをえませんでしたが、この長距離伝送によって、立ち入り禁止区域の外まで伝送距離を延伸させることができました。携帯電話回線が総じて圏外の山中ではありましたが、最終受信ポイントにおいては携帯電話回線の圏内でした。その結果、今回のLPWA通信距離の延伸によって、将来はLPWA受信機を公衆無線通信網へと接続してさらに遠隔でデータの確認を行うことも可能となり、LPWA通信の可能性をさらに広げることに成功いたしました。

 今回の検証に際し39Meisterチームはオープンイノベーションの一環として、リーン型開発手法を導入したハードウェアの設計・開発技術と、さまざまな種類のLPWAハードウェア開発技術やLPWAネットワーク構築ノウハウを融合し、長野県大町市と共同で課題解決に取り組みました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング