ジェナのAIチャットボット「hitTO」が Microsoft Teamsとの連携を強化した最新バージョンをリリース

PR TIMES / 2019年7月30日 11時0分

法人向けにMobileやAI・IoTに代表される新しいテクノロジーを活用したサービスを展開する株式会社ジェナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 手塚康夫、以下 「ジェナ」)は、AIと連携したチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」の最新バージョンをリリースしたことを発表致します。今回のバージョンアップでは、「Microsoft Teams(以下、Teams)」との連携強化を実装し、選択肢(シナリオ)での回答や、ユーザーからの評価フィードバック送信など、ユーザーの利便性向上や管理者のメンテナンス効率の向上を実現します。



■ 連携イメージ
[画像1: https://prtimes.jp/i/22275/31/resize/d22275-31-825225-0.png ]


hitTOとTeamsを連携することで、Teamsを導入されている企業様であれば、誰でも簡単にhitTOで作成したAIチャットボットを、Teams上で利用することができます。情報システム部へのIT関連の質問や、人事総務への各種規定に関する質問など、よくある問い合わせに対して自動で回答を得ることが可能です。(※hitTOとTeamsの連携は無償)

[画像2: https://prtimes.jp/i/22275/31/resize/d22275-31-943808-1.png ]

■「hitTO(ヒット)」について  http://www.hitto.jp/

hitTOはユーザーが自然言語で質問ができる、AIと連携した社内向けのチャットボットサービスです。管理画面やユーザー画面の使いやすさやデザイン性、コミュニケーションツールとの連携などが評価され、大手企業様を中心に多くの法人様で採用されています。情報システム部が担当するITヘルプデスクや、総務人事部が担当する社内の問い合わせ対応、営業支援など、ビジネスにおける幅広い業務における生産性向上を実現しています。


■管理画面(質問/回答管理)※画面はサンプルです
[画像3: https://prtimes.jp/i/22275/31/resize/d22275-31-244669-2.png ]


■QA画面(ユーザー側のチャット画面)※画面はサンプルです
[画像4: https://prtimes.jp/i/22275/31/resize/d22275-31-381677-3.png ]


■「Microsoft Teams」について
Microsoft Teamsは、Office365で利用できるコラボレーションツールです。チャットツールやオンライン会議、ファイルの共有・共同編集、プロジェクト管理などの社内で必要なコミュンケーションがスムーズに行える機能が豊富に含まれています。


サービス紹介サイト
https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software


■株式会社ジェナについて
設立 :2006年3月
代表者 :手塚 康夫
資本金 :1億9,930万円
事業内容:
・AIチャットボットサービス「hitTO」の開発・提供
・Mobile・AI・IoTを活用したアプリケーション開発
・アプリケーション開発におけるUI/UXデザイン・コンサルティング
・スマートデバイス活用プラットフォーム「seap」の提供


【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社ジェナ
TEL : 03-6858-3777 FAX : 03-6858-3778
E-Mail : hitto_sales@jena.ne.jp URL: http://www.jena.ne.jp/
〒101-0031 東京都千代田区東神田3-1-2 ユニゾ東神田三丁目ビル3F

※この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング