1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

(共同リリース)「ノーザンホースパークチャリティオークション」報告と御礼

PR TIMES / 2021年10月12日 18時15分

競走馬のセカンドキャリアを支援するチャリティオークションを「ヤフオク!」で開催し、総落札額12,485,825円に!収益金はすべて引退競走馬のセカンドキャリア支援団体に寄付

株式会社ノーザンホースパーク(所在地:北海道苫小牧市 代表者:代表取締役 吉田 勝己)が運営する馬と自然のテーマパーク「ノーザンホースパーク」は、引退競走馬のセカンドキャリアを支援するため、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区 代表者:代表取締役社長CEO 川邊健太郎 以下、Yahoo! JAPAN)が運営する日本最大級のネットオークションサービス「ヤフオク!」において2021年9月14日(火)~9月20日(月・祝)に「ノーザンホースパークチャリティオークション」を実施し、総入札件数1,632件、総落札額12,485,825円になりましたことをご報告いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/33263/31/resize/d33263-31-861f613e703d0ccfa43c-1.jpg ]

ノーザンホースパークは、馬の賢さと美しさを伝え、日本の馬事文化の発展に貢献することを目的として1989年に開園しました。その一環として開園当初より現役引退した競走馬のセカンドキャリア支援に力を入れています。

パーク創立の理念に基づき始まった「ノーザンホースパークチャリティオークション」は、引退競走馬のセカンドキャリアを支援する団体への継続的な協力と競馬振興を目的に、日本中央競馬会所属ジョッキー協力のもと2014年より毎年ノーザンホースパーク内で開催してまいりました。2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のためイベントを見送りましたが、本年は、社会貢献、公益活動の支援を目的とする「ヤフオク!」の「チャリティオークション」にて開催することで、自宅からも参加できるオンラインイベントとして、多くの方々にご参加いただくことができました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/33263/31/resize/d33263-31-f4217b3f24b1394b34ab-0.jpg ]

チャリティオークションには、現役競走馬時代にJRA史上初のG1レース9勝を果たしたサラブレッド「アーモンドアイ」の勝負鉄(2019年ドバイターフ[G1・アラブ首長国連邦]優勝時に装着した蹄鉄)および有名競走馬の公式グッズ、日本中央競馬会所属人気騎手の愛用品など計17点を出品しオークション参加者を含め皆様に好評を得たイベントとなりました。

チャリティオークションで得た収益金※1は、国内における現役を引退した競走馬の安全かつ安定的な飼育環境の確保および、再調教や飼育管理技術の普及など競走引退時の支援に向け、引退競走馬のセカンドキャリアサポートを行う「一般社団法人 オールド・フレンズ・ジャパン」(所在地:岡山県真庭市 代表者:代表理事 原田喜市)に寄付いたします。

社会貢献、公益活動の支援を目的とする「ヤフオク!」の「チャリティオークション」の仕組みはこれまでも多くの企業団体に利用され、さまざまな社会課題の解決に役立てられています。ノーザンホースパークでは、訪れるすべてのゲストに馬と自然の豊かさを体験いただくとともに、古の時代より馬と共に生きてきた人間とのサスティナブルな関係に尽力すべく、社会貢献を行う団体・企業とともによりよい未来への取り組みを行っています。

ノーザンホースパークは今後も「輝く時間(ひととき)」をゲストの皆様に提供すべく、豊かな自然環境を守り、人と馬がともに生きる持続可能な日本の社会と、馬事文化の発展に貢献すべく運営を行ってまいります。

Yahoo! JAPANは今後も、提供する多様なサービスを通じて、社会課題の認知啓発およびその解決のための支援など、取り組みを実施してまいります。

※1寄付金額は総落札額からオークション手数料を除いた金額となります。


◆ノーザンホースパークチャリティオークション概要

【寄付先】一般社団法人 オールド・フレンズ・ジャパン
【出品期間】2021年9月14日(火)~9月20日(月・祝)
【オークションサイト】「ヤフオク!」
【出品商品】計17品
・JRA史上初めてG1レースを9勝したサラブレッド「アーモンドアイ」の勝負鉄(2019年ドバイターフ[G1・UAE]優勝時に装着した蹄鉄)のほか、有名馬の栄光品や公式グッズ
・日本中央競馬会所属人気騎手の愛用品
【総落札額】12,485,825円
【最高落札額】JRA年度代表馬アーモンドアイ蹄鉄 ドバイターフ優勝時着用(シルクレーシング提供) : 8,561,521円


◆アーモンドアイの主戦を務めたクリストフ・ルメール騎手からのコメント◆
“Dear fans. Thank you very much for your participation in this auction sale. The retirement of the horses we worked with, we cheered for and we loved does matter to all horse racing lovers. I am glad that Almond Eye is still generating passion even though she’s retired. She was the best in the game but all of them deserve the same respect and attention.
Thank you all “

ファンの皆さんへ。このたびはチャリティオークションにご参加くださり誠にありがとうございます。私たちがともに活動し、応援し、愛した馬たちの引退は、競馬を愛するすべての人にとって重要な出来事です。私は、アーモンドアイが引退してもなお情熱を生み続けていることを嬉しく思います。彼女はレースで最高の存在でしたが、すべての馬も同じように尊敬され、注目されることを願います。
皆さん、ありがとうございました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/33263/31/resize/d33263-31-06e6c9900e6f30ced052-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/33263/31/resize/d33263-31-e3ba65cea9631b6de482-3.jpg ]




◆現役競走馬時代のアーモンドアイを所有した出品者、有限会社シルクレーシング・米本昌史代表からのコメント
沢山の方々に応援いただいたアーモンドアイの蹄鉄が素晴らしい評価をいただき、驚きとともに感謝の思いでいっぱいです。競走馬とともに歩む者として、現役引退競走馬の支援に少しでも役に立てればとの思いで協賛させていただきました。
これから生まれてくるアーモンドアイの子供たちにも変わらぬご声援をいただければ幸いです。

◆一般社団法人オールド・フレンズ・ジャパンについて
2020年9月設立。岡山県真庭市蒜山にて引退競走馬が健やかに過ごせる場所を提供し、馬たちが「活きる」道を作ることを目的とした団体。「馬・人・街がともに未来を創っていける世界の実現」をミッションに掲げ、サラブレッドの飼育管理、能力開発(再調教)、飼育管理技術指導、引退競走馬のための馬術競技会主催および情報発信などの事業を行う。2021年4月には現役引退した2018年鞍馬ステークス優勝馬ティーハーフ(ダーレー・ジャパン・ファーム生産)が仲間に加わった。
URL: https://oldfriendsjapan.com/ja/

◆株式会社ノーザンホースパークについて
1989年7月より、北海道の雄大な自然と馬の魅力を伝え「輝く時間(ひととき)」を皆様にお届けすべくテーマパークを運営。総敷地面積48万平方メートルという広大な敷地に約80頭もの馬がゲストを出迎える。競走馬生産育成牧場のリーディングファームであるノーザンファームを母体とし、北海道のサラブレッド生産の歴史や馬の生態を学べる資料館など「楽しむ」だけでなく「学べる」プログラムも展開。また引退競走馬のセカンドキャリア支援や馬の排泄物を利用した堆肥の活用など、事業に基づいた持続可能な社会を目指した取り組みも開園以来行なっている。
URL: https://www.northern-horsepark.jp

◆「ヤフオク!」について
1999年9月、 “誰もが手軽に出品、入札ができるインターネットオークション” としてYahoo! JAPANがサービスを開始。不要なものを必要とする人に譲る「リユース」を推進し、循環型社会形成の一助となっている。また、同サービスの「チャリティオークション」の仕組みはこれまで多くの企業団体に利用され、さまざまな社会課題の解決に役立てられている。
URL: https://auctions.yahoo.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング