未体験のフィットを実現するフットウェア 世界初の“シームレスヒールカップ”を搭載 『UA スピードフォーム アポロ』、『UA スピードフォーム RC』 2014年2月28日より発売開始

PR TIMES / 2014年1月15日 14時36分



=======================================
未体験のフィットを実現するフットウェア
世界初の“シームレスヒールカップ”を搭載
『UA スピードフォーム アポロ』、『UA スピードフォーム RC』
2014年2月28日より発売開始
=======================================

 株式会社ドーム(本社:東京都品川区、代表取締役:安田秀一)は、アスリートのパフォーマンスを進化させる“パフォーマンスアスレチックブランド”「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」より、従来のフットウェアの構造概念を大きく変える、世界初の“シームレスヒールカップ”を搭載した『UA スピードフォーム アポロ』、『UA スピードフォーム RC』を2014年2月28日より発売いたします。
 ランニングフットウェアの課題として挙げられるのが、ランディング時、シューズ内での踵部のズレでした。
それにより、ランディングから蹴り出しまでのモーションコントロール(荷重移動)がうまく行われず、安定性が失われてしまいます。踵部を安定させるため、アッパー(甲材)内部にスポンジを埋め込んだり、インソール(中底)をカップ状に成型するなど、パーツを付け足すことでベストなフィットに近づけようとしますが、踵部はどうしても箱状になってしまい、足の形状と合わず隙間が生じてしまいます(概念図参照)。

 アンダーアーマーのイノベーションの原点は、“セカンドスキン”です。CEOケビン・プランクの発想の転換により、コットンTシャツの延長線ではない全く新しいアスリートのソリューションとしてコンプレッションウェアを開発。新しいテクノロジーを創出することで、アスリートのプレー環境にイノベーションを起こしてまいりました。
 アンダーアーマーのフットウェアはそのアパレルのDNAを受け継ぎ、今までの延長線にはない非連続的な発想により、従来の製法では到達することのできない足元の“セカンドスキン”を実現する世界初の“シームレスヒールカップ”を生み出すことができました。
 1枚の素材で踵から足を包み込む構造により、『UA スピードフォーム アポロ』、『UA スピードフォーム RC』はストレスの無い、未体験のフィットを提供いたします。
 今後もアンダーアーマーは、“To Make All Athletes Better”のブランドミッションのもと、アスリートの本質的な悩みを解決し、パフォーマンスを最大限に引き出す商品を開発してまいります。
-----------------------------
製品特長
-----------------------------
■世界初となる“シームレスヒールカップ”
 ランニング時、足は踵から地面へ着地します。シューズ内部で踵がフィットしていないと、ランディングから蹴り出しまでのモーションコントロール(荷重移動)がうまく行われず、安定性が失われてしまいます。アスリートのパフォーマンスを最大限引き出す、足元のセカンドスキンを実現するためインスピレーションを受けたのが、過酷な環境下でも身体にフィットしてスムーズな動きを生み出す宇宙服がブラ工場で作られたという事実でした。
 発想の転換により、従来の靴工場で長年なし得なかった踵部の一体成型をブラ工場とともに生み出すことに成功。1枚の素材で成型された“シームレスヒールカップ”は、踵の形にフィットし、着地時のズレを無くすことで、安定したランニングにつながります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング