PHP総研が「2013年に日本が注視すべきグローバル・リスク10」を発表

PR TIMES / 2012年12月21日 15時40分

―『2013年版PHPグローバル・リスク分析』―

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)の政策シンクタンクPHP総研では、この度、『2013年版PHPグローバル・リスク分析』を発表しました。



このたびPHP総研グローバル・リスク分析プロジェクトは、来たる2013年に日本が注視すべきグローバルなリスクを展望する『2013年版PHPグローバル・リスク分析』を発表いたしました。好評をいただいた2012年版に続くもので、国際政治、地域情勢、国際金融、国際経済、軍事、エネルギーの専門家が集中的な検討を行い、その結果を、代表執筆者が中心になってレポートとしてまとめたものです。


本レポートでは、まず「グローバル・オーバービュー」において、各リスクがおかれているグローバルな文脈を描きだし、その上で、2013年に日本が着目すべき10のグローバル・リスクについて分析し、あわせてそれが日本にもたらすインプリケーションを提示しています。続いて、システムズ・アプローチの方法論を用いた因果ループダイヤグラムの手法により、各リスクがいかに相互に連関しているかを明らかにし、方法論についても解説しました。最後に、以上の分析全体をふまえて、日本の政策への全体的なインプリケーションを考察しています。

皆様の活動において、2013年の国際情勢の推移を展望する上で、ご活用いただけることを願っています。


Global Risks 2013

1.中国「世界の工場」の終わり

2.中国周辺海域における摩擦の激化

3.大陸パワーに呑み込まれ周縁問題化する朝鮮半島

4.「新たな戦争」か「緊張緩和」か? ピークを迎えるイラン核危機問題

5.武装民兵の「春」到来で中東の混乱は拡大 

6.ユーロ危機は数カ月毎の「プチ危機」から「グランド危機」へ 

7.マイノリティ結集と「分断されたアメリカ」がもたらす社会的緊張 

8.外交・安全保障問題化する原子力政策 

9.差し迫るサイバー9.11の脅威 

10.顕在化する水と食料の地政学リスク 


代表執筆者
飯田将史(防衛研究所地域研究部北東アジア研究室主任研究官)
池内 恵(東京大学先端科学技術研究センター准教授)
金子将史(政策シンクタンクPHP総研主席研究員)
菅原 出(国際政治アナリスト)
林 伴子(東京大学公共政策大学院客員准教授)
保井俊之(慶應義塾大学大学院SDM特別招聘教授)


▼詳細はこちらからご覧になれます▼
http://research.php.co.jp/research/foreign_policy/policy/PHP_GlobalRisks.php

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング