「全国登山鉄道‰(パーミル)会」企画商品第2弾 各社の車両「ピンバッジ」を一斉発売します

PR TIMES / 2012年7月13日 14時26分



箱根登山鉄道、富士急行、大井川鐵道、叡山電鉄、南海電鉄、神戸電鉄の6社では、『観光地が沿線にあり、かつ登山鉄道としての性格を有している』という共通点があることから、勾配を示す単位「‰」(パーミル)になぞらえた「全国登山鉄道‰(パーミル)会」を平成21年9月に結成し、各社沿線の見所を紹介するパンフレットを作成するなど共同での旅客誘致に努めています。

 神戸電鉄グループHP → http://bit.ly/Ow5n5U

そしてこのたび、一昨年に続く企画商品第2弾として7月16日(月・祝)に、同会の加盟各社が自社の鉄道車両をデザインした「ピンバッジ」を一斉に発売します。
また、発売を記念して東西エリアに分かれての販売会およびキャンペーンを実施します。

■「全国登山鉄道‰(パーミル)会」について
『観光地が沿線にあり、かつ登山鉄道としての性格を有している』という点で共通している6社が、勾配を示す単位である「‰」(パーミル)になぞらえ、平成21年9月4日に結成しました。

【ピンバッジの販売について】

1.販売数:各社それぞれ1,000個 (※なくなり次第販売を終了します)

2.販売額:400円(消費税込み)

3.発売日:平成24年7月16日(月・祝)(※加盟各社が一斉に発売を開始)

4.ピンバッジのデザインおよび発売場所
箱根登山鉄道
 デザイン元車両:1000形ベルニナ号
 発売場所:箱根湯本・強羅・早雲山各駅、小田原本社

富士急行
 デザイン元車両:1000系
 発売場所:富士急線各有人駅

大井川鐵道
 デザイン元車両:DB1形
 発売場所:大鐵金谷・新金谷・千頭駅の各売店、プラザ・ロコ売店(新金谷駅前)、井川線奥泉駅、井川駅

叡山電鉄
 デザイン元車両:800系
 発売場所:叡山電車出町柳駅、鞍馬駅(10:00~16:00)

南海電鉄
 デザイン元車両:31000系こうや
 発売場所:難波駅2階サービスセンター

神戸電鉄
 デザイン元車両:5000系
 発売場所:有馬温泉駅

※各社ではそれぞれ自社のピンバッジのみの販売となります

5.特典:
3社分のピンバッジをご購入いただいたお客さまのなかから抽選で50名さまに、‰会ロゴマークピンバッジ(非売品)をプレゼントします。

(1)応募方法:必要事項を記入し、ピンバッジに添付の応募券3枚(3社分)を、封書で下記宛先まで郵送してください。

(2)必要事項:(1)住所 (2)氏名 (3)年齢 (4)電話番号

(3)宛先:
〒542-8503 大阪市中央区難波5-1-60
      南海電気鉄道株式会社 営業促進部 全国登山鉄道‰会事務局 宛

(4)応募締切:平成25年3月31日(当日消印有効)

(5)当選発表:当選は商品の発送をもって代えさせていただきます。

(6)備考:お客さまの個人情報は、プレゼントの発送および統計収集以外の目的には使用しません。

6.その他(キャンペーン・販売会の実施)
東西エリア各3社(東日本エリア:箱根登山鉄道・富士急行・大井川鐵道、西日本エリア:叡山電鉄・神戸電鉄・南海電鉄)の社員が東西会場に分かれて、ピンバッジや各社のグッズを販売するほか、チラシやパンフレットを配布し各社沿線の魅力をPRするキャンペーン・販売会を実施します。

(1)日時:平成24年7月16日(月・祝) 10時~13時

(2)会場:東日本エリア 箱根登山鉄道・箱根湯本駅ホーム パンフレットコーナー前
     西日本エリア 南海電鉄・難波駅2階中央改札前 イベント広場

(3)内容:両エリアとも、ピンバッジ6社分セット(販売価格2,400円)を各50セット限定販売します。売り切れ次第終了(お1人さま1セット限り)

7.お問合せ先
南海電気鉄道株式会社 営業促進部内 全国登山鉄道‰(パーミル)会事務局
06-6644-7502(平日9:00~17:50)

本件に関するお問い合せは
箱根登山鉄道 鉄道部  TEL 0465-32-6823
富士急行 交通事業部  TEL 0555-22-7106
大井川鐵道 南アルプスアプトセンター  TEL 0547-59-2137
叡山電鉄 鉄道部営業課  TEL 075-702-8111
南海電鉄 営業促進部  TEL 06-6644-7502
神戸電鉄 運輸部  TEL 078-592-4451

神戸電鉄グループHP → http://bit.ly/Ow5n5U

リリースはこちら → http://bit.ly/SfCkTt


発行元:阪急阪神ホールディングス
     大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング