エクストリームスポーツにも対応した、本格的なスポーツヘッドホン

PR TIMES / 2013年1月23日 13時58分

迫力の重低音再生で好評な“BASS HEAD”シリーズに新ラインアップを追加



【商品名】密閉型ダイナミックステレオヘッドホン
【型番/カラー/希望小売価格(税込)】
SE-E751-N  (ゴールド) 6200円
SE-E751-S  (シルバー) 6200円
SE-E721-R  (レッド)  4400円
SE-E721-K  (ブラック) 4400円
SE-E721-W  (ホワイト) 4400円
【発売時期】2月下旬


【企画意図】
 近年、若者を中心に、スケートボードやスノーボードなどを、自己表現の手段としてファッション性にもこだわりながら難易度の高い技術を競う“エクストリームスポーツ”として楽しむ方が増えています。
 パイオニアは、迫力のある低音再生と高いファッション性で好評な“BASS HEAD”シリーズに、“エクストリームスポーツ”などの激しい動きでも外れにくい新ラインアップ2機種を追加します。ハンガー部とカナル型インナー部の接合部にボールジョイントを組み込んだ、業界初※2の「アクティブフィット構造」(特許申請中)など、激しい動きでも外れにくく、快適な装着感を維持できる、さまざまな新開発技術を搭載しました。“BASS HEAD”シリーズの特長でもある迫力ある低音再生を実現するとともに、頭の後ろで束ねる装着スタイルや防滴にも対応しているので、激しいスポーツ中も快適に音楽を楽しむことができます。

【主な特長】
1) 力強い低音再生を実現する高性能9mmスピーカーユニット
 “BASS HEAD”シリーズは、当社がDJヘッドホンで培ってきた技術とノウハウを活かし、ダンスミュージックやクラブミュージックの重低音の再生にこだわったヘッドホンです。強磁力希土類マグネットを使用した高性能な口径9mmスピーカーユニットの採用により、迫力ある低音再生を実現しました。重低音の効いたダンスミュージックやクラブミュージックで“エクストリームスポーツ”を盛り上げます。


2) 激しい動きでも外れにくく、優れたフィット感を維持する、新タイプのイヤークリップを採用
1. 業界初※2、ボールジョイントによりさまざまな耳形状にフィットする「アクティブフィット構造」(特許申請中) 
 ハンガー部とカナル型インナー部の接合部にボールジョイントを組み込んだ、業界初※2の「アクティブフィット
構造」(特許申請中)を採用しました。ボールジョイントを使うことで、使用する方の耳の形状や耳穴の角度に合わせてインナー部の角度が可変して優れたフィット感を実現します。ハンガー部による安定装着に加え、カナル型インナーが耳穴にぴったりとフィットすることで、装着の安定性が高まるだけでなく耳への負担を軽減します。また、密閉性が高まることで、低音の迫力を損なわずに楽しむことができます。


2. 快適な装着感と高いホールド力を実現する新開発の「スカルフィットハンガー構造」(「SE-E751」のみ)
「SE-E751」のハンガー部に、頭部へのフィット感を高めるとともに耳を挟み込む、新開発の「スカルフィットハンガー構造」を採用したことで、激しい動きでも外れにくい仕様になっています。また、両機種のハンガー部は、樹脂の芯材に柔らかなエラストマー素材を被せた構造になっており、バネ性と耳当たりの良さを両立したことで、快適な装着感とホールド感が持続します。


3. 引っ張られても外れにくく、後ろで束ねて装着できる「DUAL CURL CORD」
カールコードを採用しており、コードが引っ張られた場合もカール部分が力を吸収し、耳への衝撃を軽減するとともに、外れにくい構造になっています。また、コードを頭の後ろで束ねて装着できるので、激しいスポーツを行う時にも邪魔になりません。

3) 汗や水滴に強い防滴仕様
防水保護等級IPX2※3に対応しているので、スポーツシーンでの汗や水滴を気にすることなく音楽を楽しめます。


4) その他の特長
・ 耳のサイズに合わせた4サイズ(XS、S、M、L)のイヤホンチップを付属。
・ コードの絡まりを軽減する絡まり防止スライダーを採用。
・ 左右判別が容易なボディーカラーデザインを採用。
・ 「SE-E751」には、ファッションに合わせて選べる2色(-N:赤/黒、-S:赤/白)のイヤホンチップと、持ち運びに便利なキャリングポーチを付属。


※2 2013年1月23日現在。パイオニア調べ。
※3 IPコードはIEC(国際電気標準会議)によって定められている、製品の防水・防塵における保護規格です。IPX2とは、定められた試験方法に基づき、「製品が15 度以内で傾斜しても、鉛直に落下する水滴に対して保護すること」を基準としています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング