ウエディング業界初「おもてなしロールプレイングコンテスト」を開催

PR TIMES / 2015年1月6日 12時30分

2015年1月5日 全国大会@京都 優勝は茂木 悠里さん

総合ブライダル企業のTAKAMI BRIDAL(高見株式会社 本社:京都市下京区、代表取締役 高見重光)は、ウエディング業界初となる「おもてなしロールプレイングコンテスト」を開催し、2015年1月5日(月)に京都・北山ウエディングストリートにて全国大会を行いました。



「おもてなしロールプレイングコンテスト」とは、CS向上、おもてなしのスキルアップを目的に、接客を通してお客様のニーズに応えられる魅力的なクルー(※1)であるかを審査するコンテストです。全国大会では、約600名のブライダルスタイリスト(※2)のうちエリア予選のビデオ審査(※3)を勝ち抜いた5名が、接客ロールプレイングを行いました。結果、最優秀は関東ホテル内衣裳室勤務の茂木 悠里(もぎ ゆうり)。
また、2位にはTAKAMI BRIDAL FUKUOKA勤務の新盛 有紗(しんもり ありさ)、3位に大阪百貨店内サロン勤務の西田 志帆理(にしだ しほり)が選ばれ、弊社代表取締役の高見重光より受賞盾や景品が贈られました。本コンテストは、昨年弊社女性初の取締役となった取締役人事部長 五木田 紀子(※4)と、弊社人事部人材開発課エグゼクティブトレーナー 渡邉 弘子(※5)が責任者として運営しており、型にはまったマニュアル通りの接客から脱却するために他者を見て自分を振り返るきっかけをつくること、お客様の立場を体験しながら顧客心理を知ることを目的に始動しました。
ブライダルスタイリストに続き、2015年7月には、ブライダルプランナー(※4)を対象に開催予定です。TAKAMI BRIDALは、「人と社会を幸せにする」という企業理念のもと、この取り組みを通して今まで以上にお客様の満足を超える「感動のおもてなし」を提供するべく、接客スキルの向上に努めてまいります。

(※1)クルーとは
TAKAMI BRIDALでは、社員のことを“クルー”と呼びます。
会社を一艘の船に見立て、皆が乗組員となり同じ目標へ向かって会社を動かしていこうという想いが込められています。

(※2)ブライダルスタイリストとは
結婚式を挙げる新郎様新婦様、そのご家族の婚礼の衣裳をお見立てし、スタイリングする職種。TAKAMI BRIDALでは全国総勢約600名のブライダルスタイリストが、ドレス、和装、小物までトータルでコーディネートしています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング