総合婚活サービスのIBJ、地方自治体を対象とした “町おこし婚活支援サービス”を開始。

PR TIMES / 2013年12月26日 13時2分

~自社婚活サービスのノウハウを日本全体の結婚率の上昇に寄与~

婚活会員数22万名を誇る、日本No.1の総合婚活サービスの株式会社IBJ(本社:東京都新宿区西新宿 代表:石坂 茂、以下、IBJ)では、地方自治体を対象とした“町おこし婚活支援サービス”を開始いたしました。



■背景
厚生労働省の「年齢階級別未婚率の推移」によると、未婚率はどの世代でも男女ともに上昇し、同省の「出生数と合計特殊出生率の推移」によると、少子化も進む一方にある事がわかり、今や日本人の未婚化、少子化は深刻な問題であると言えます。

一方、2013年11月には国策として少子化対策の一環で、【婚活や街コン推進議連】の設立総会も開催されるなど、婚活を政府が積極的に支援する動きも見られています。

そこで、IBJでは地方自治体向けの婚活支援部門を新たに立ち上げ、これまで婚活サービスのリーディングカンパニーとして培ってきた経験やノウハウを活かして地方自治体向けの婚活イベントの企画運営や、婚活サイトの運用などをサポートし、地方自治体の婚活問題の解決に貢献してまいります。

「IBJ 町おこし支援」詳細 http://www.ibjapan.jp/machiokoshi/


■ IBJの「婚活支援」の取り組み例

【地方自治体の婚活イベントのサポート】


『250人規模の街コン』『100対100の運動会コン』『自然と触れ合いながら出会うハイキングツアー』など、数多くの婚活イベントを開催してきた実績 があります。こうした実績、培ってきたノウハウを活かし、婚活イベントの企画や集客方法、運営のサポートをさせていただきます。


【婚活サイトの活用】


IBJでは、国内最大級の婚活サイト『ブライダルネット』を保有しています。条件検索以外にも、好きな場所や日記で自然にお相手と出会うことができるマッチング率の高さが魅力。Uターン・Iターンといった該当エリアでの結婚を希望する方を見つけるお手伝いも可能です。


IBJでは、今後も国民的マリッジ&ライフデザインサービスとして、ご縁がある皆様を幸せにすべく、自社サービスの向上に努めます。


■運営会社 IBJ

2000年創業。日本で初めてインターネット婚活情報サービス「ブライダルネット」をリリースした後、お見合いパーティー事業や対面型結婚相談所、婚活・マリッジ事業を開始。現在、婚活会員数22万名を誇る、日本No.1の総合婚活サービス企業(*)へと成長。2012年、ジャスダック上場。
(*日本の婚活サービス専業としての保有会員数)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング