GE、業界初のインダストリアル・インターネット向けデータレイク*を発表

PR TIMES / 2014年8月12日 14時41分

産業用ビッグデータのアクセス、分析、保管技術が飛躍的に改善

GEはPivotalと共同で、革新的なデータ・アーキテクチャによって航空会社、鉄道会社、病院、
ユーティリティに優れた効率性と省コストを実現。

・航空業界における実証プロジェクトによって、テラバイトレベルのフライトデータを業界で初めて統合し、作業スピードは2,000倍速く、コストは1/10に削減。
・産業用データへのアクセスを安全に、素早く分析するため、GE PredixTM と統合
・2013年に締結したPivotalとのパートナーシップに基づく技術開発


*本資料は世界で配信されたGEリリースを抄訳としてご紹介するもので、当内容は8月11日に配信されました。

【2014年8月11日 米国 カルフォルニア州 サンラモン 】GE (NYSE: GE) は本日、Pivotalとのコラボレーションにより業界初の産業用データレイク*を発表しました。この産業用データレイクを用いることによって、航空会社、鉄道会社、病院や電力会社などのユーティリティ事業はテラバイト、さらにはペタバイトにも及ぶ情報量のビッグデータにアクセスし、分析、保管することが可能となります。本来、このような各産業特有のビッグデータは、日々新たに生じ続ける情報やコンテンツよりもはるかに複雑なものです。そこで、データ分析に費やす時間当たりが2,000倍速くなることにより、企業は分析という時間と費用の両側面において負担の多いプロセスを軽減し、分析されたデータをもとに、資産とオペレーション上の生産性を向上させ、ビジネス判断を支援するインサイトを導くことが可能となります。現在GEはインダストリアル・インターネットのデータレイクを世界最大手航空会社各社のフライトデータの管理、分析に活用しています。

「ビッグデータは既存ツールの能力を追い越してしまうほど急速に発展したため、私たちはビッグデータを十分活用しきれていませんでした。」とGE ソフトウェアのバイス・プレジデント、ビル・ルー(Bill Ruh)は述べています。「Pivotalと協力することで、私たちは産業用ビッグデータへのユニークなアプローチを創り上げることができました。それはインフォメーション・テクノロジー(IT)とオペレーショナル・テクノロジー(OT)の融合です。これによって、私たちのお客様が抱えていた生産性や効率性に関する要求に応えられるようになり、お客様もお客様の事業にとって不可欠な情報を最大限活用できます。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング