クラウドワークス、子育て女性やフリーランスなど25万人超の会員に オンラインヘルスケア相談サービス「Doctors Me」の初月無料での提供を開始

PR TIMES / 2014年12月10日 11時10分

株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田浩一郎 以下「当社」)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、ソーシャルメディアマーケティング事業を展開する株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高村彰典 以下「サイバー・バズ」) が提供するオンラインヘルスケア相談サービス「Doctors Me(ドクターズミー)」を、クラウドワークスの利用者(以下「クラウドワーカー」)向けの福利厚生として提供するサービスを、2014年12月10日(水)より開始いたしますのでお知らせいたします。



1.概要
当社サービスを利用するクラウドワーカーは、2014年12月10日より、当社がクラウドワーカー向けに提供する福利厚生サービス「フリーランス ライフサポート( https://crowdworks.jp/u/welfare )」のページを通じて「Doctors Me(ドクターズミー)」への会員登録を行うことで、医師、歯科医、薬剤師、介護福祉士、栄養士、獣医、心理カウンセラーの7つの士業・専門従事者に対し、回数無制限で相談を行うことが可能になります。「Doctors Me(ドクターズミー)」サービスはPC・スマートフォン等の端末を通じて提供され、利用料金は初月無料、翌月以降は月額300円(税抜)の定額課金でご利用いただくことが可能です。

2.サービス開始の背景
当社が提供するクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を利用する25万人以上のクラウドワーカーの大半は「個人で働く人々」で構成されておりますが、利用者にはフリーランスだけでなく、育児の合間に仕事に取り組む女性や家族の介護に携わる方など、外出が負担となる事情を抱えた方も多く利用しております。こうした状況を受け、サイバー・バズと当社では、クラウドワーカーが在宅かつ匿名のままで、気軽に自分自身や家族、ペットなどのヘルスケアに関する相談を行える環境の整備で合意。当社がクラウドワーカー向けに提供する福利厚生サービス「フリーランスライフサポート」のひとつとして、「Doctors Me(ドクターズミー)」のサービスの初月無料での提供を決定いたしました。今後もサイバー・バズと当社では、個人で仕事に取り組むクラウドワーカーの方々が、心身ともに健やかに働き続けることができる環境づくりを推進してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング