博展とunerry、イベントDX を加速する新サービス『イベシル』を提供開始

PR TIMES / 2020年10月8日 17時15分

イベントの効果可視化と高度な来場者分析により、リアル・デジタルが融合する新たな顧客体験の実現へ

 イベントを中心に企業の体験型マーケティング活動を支援する株式会社博展(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口徳久、以下「当社」)と、日本最大規模のリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank(R)️」を運営する株式会社unerry(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内山英俊、以下「unerry」)は、デジタル技術とビッグデータにより、イベント来場者の行動・属性等を分析し、デジタルマーケティングへと活用する新サービス『イベシル』の提供を開始いたしました。
 また、10 月23 日(金)13:00 より、CEATEC 2020 ONLINE上で本サービスに関する2社共同セミナーを放映予定です( https://online.ceatec.com/event/92/product/1499)。



[画像1: https://prtimes.jp/i/39931/32/resize/d39931-32-209815-7.png ]



『イベシル』のサービス内容


 『イベシル』はビーコンやIoT センサーの設置によりリアルの「場」の効果を測定可能とし、イベント会場者・ブース訪問者の来訪・日常行動特徴などのリアル行動分析、データやインサイトをシームレスに広告等デジタルマーケティング施策に連携するイベントDX サービスです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/39931/32/resize/d39931-32-386715-8.png ]

 本サービスにより混雑状況に応じた新しい集客を実現するとともに、質の高い体験の提供が可能なリアルイベントで取得したデータを活かし、類似する幅広いユーザーにデジタル上でライトな体験を届けるというリアル・デジタルの両メリットを活かした統合的なマーケティング活動を推進し、顧客体験の最適化を目指しています。


『イベシル』の開発背景

・イベントのDX(デジタルトランスフォーメンション)化
 消費者の購買行動が複雑化した現在において、リテールやイベント、ECサイトなどリアル/デジタルのチャネルを融合させた顧客体験が競合との差別化において重要な要素になりつつあります。
イベントマーケティング領域において強みをもつ当社は、リテールマーケティング領域のサポートにおいて位置情報ビッグデータによるリアル行動のAI解析に強みをもつunerry と、業界全体におけるイベントDXを牽引するべく本サービスの開発に着手しました。

 さらにイベントマーケティング業界においては、主催事業者および参加者の感染症対策を目的としたガイドラインが策定されるなど、コロナ禍によってイベント開催に求められる安全性が見直されたことを受け、これまで多くの実績により培ってきた博展のイベントマーケティングにおけるプランニングの知見と、位置情報ビッグデータによる全国の小売店約4.8万店の混雑状況推計サービス「お買物混雑マップ( https://covid19.unerry.jp/)」の知見を組み合わせることで、顧客体験の最大化と安全性向上の両立に貢献してまいります。

HAKUTEN × unerry 共同セミナーについて


[画像3: https://prtimes.jp/i/39931/32/resize/d39931-32-127832-4.png ]

【CEATEC 2020 for ONLINE】
開催日時:2020 年10 月23 日(金)13:00~14:00
参加方法:CEATEC 2020 ONLINE 入場登録後、unerry ブースページよりご覧いただけます。 https://online.ceatec.com/event/92/product/1499
タイトル:リアル行動データによるイベントDX 化の最前線 -イベントマーケティング変革への挑戦-
登壇者:unerry Beacon Bank 事業部 カスタマーサクセス 星 雄大、博展 マーケティング部コンテンツマーケティング課長 原口 寛大

【Think EXperience(当社主催セミナー)】
開催日時:2020 年10 月23 日(金)16:00~17:00
参加方法:公式サイトよりご登録ください。
https://www.think-experience.com
※セミナー内容、登壇者はCEATEC 2020 for ONLINE と同様です。

今後の展開

 ユーザーに最適な価値を届けるため、嗜好性に合わせてデジタル上のコミュニケーションが変化するように、リアルイベントも来場者一人ひとりの嗜好性に合わせて体験がカスタマイズされる”イベントのパーソナライズ化”を目指し、リアルとデジタルが融合した顧客体験を生み出してまいります。

▼株式会社unerry https://www.unerry.co.jp/
代表者 : 代表取締役社長 内山 英俊
所在地 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル21 階
設立 : 2015年8月
事業内容 : ビーコン等のセンサーが付加された街中のさまざまなモノを通じて消費者のリアル行動ビッグデータを捉え、科学し、事業化している。日本最大級のオフライン行動プラットフォーム「Beacon Bank( https://www.beaconbank.jp/)」を運営し、1.「来店効果計測付き集客広告」、「店頭販促のデジタル化」「新たな店頭体験の創出」といった流通・小売業向け販促サービスの提供 2.既存にあるモノをIoT 化することによる新サービス開発 3.スマートシティ、MaaS に向けた人流解析およびレコメンドエンジンの開発」を提供しています。

▼株式会社 博展 https://www.hakuten.co.jp/
代表者 : 代表取締役社長 田口 徳久
所在地 : 〒104-0045 東京都中央区築地1-13-14 NBF 東銀座スクエア9 階
設立 : 1970 年3 月
事業内容 : 「Communication Design(R)️」の提供を通じて、人と人が出会う”場”と、そこで生みだされる感動や経験の”体験”をより価値あるものにするために、企業のマーケティング活動に感動や経験という体験価値を提供するパートナーとして、「Experience Marketing」を事業領域とした、コンタクトポイントにおけるコミュニケーション開発及び統合型マーケティングソリューションの提供を行っています。

▼お問合せ先について
株式会社 博展 経営企画部 村松 (むらまつ)
E‐Mail:ir@hakuten.co.jp
[画像4: https://prtimes.jp/i/39931/32/resize/d39931-32-896535-6.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング