ヴァレオ、「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2014」に CO2 排出量の削減と直観的ドライビングに貢献する新技術を展示

PR TIMES / 2014年5月12日 12時17分



世界的な自動車部品サプライヤー、ヴァレオは、2014年5月21日(水)から23日(金)までパシフィコ横浜・展示ホールにて開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2014」に出展し、CO2 排出量の削減と直観的ドライビングに貢献するヴァレオグループの新技術を展示します。

また、人とくるまのテクノロジー展2014の特別企画展示コーナー“人と社会に優しい先進クルマ技術 ~2020年の「モビリティ」・「カーロボティクス」を体験しよう~”の屋内展示にて、ヴァレオのレーザースキャナー「SCALA」を展示すると共に、本邦初の試みとして、屋内展示の延長企画として、同スキャナーを搭載したデモカーの同乗体験を実施します。デモカー走行中にレーザースキャナーが車両前方をスキャンして検知した車、バイク、歩行者、静止物である木や停止している車、ガードレールなどの障害物を、種類分けして車両周辺マップを作成する様子を画面上でご覧いただけます。

ヴァレオブースでの主な展示品は以下の通りです。

レーザースキャナー「SCALA」

ヴァレオのレーザースキャナー「SCALA」は、車両前方をスキャンし、車、バイク、歩行者、静止物である木や停止している車、ガードレールなどを検知します。このデータを基に障害物ごとに種類分けされた車両周辺マップを作成することで、車両や歩行者に対する緊急ブレーキ、自動回避等のアクティブセーフティー機能の向上、自動運転、自動駐車や渋滞時の自動追従などが可能になります。レーザースキャナーによる障害物検知は、昼夜を問わず同等の性能を発揮し、高速道路での走行にも、駐車場などでの低速での走行にも対応します。欧州の新車アセスメントプログラム(Euro NCAP)の評価項目に2014年から加わる自動ブレーキシステムの基となる検知システムとして、レーザースキャナーは大きな威力を発揮します。


クーラント流量制御バルブ「THEMISバルブ」

今回、世界初の展示となるクーラント流量制御バルブ「THEMISバルブ」は、自動車エンジンのサーマルマネージメントに関するイノベーションです。この電子制御バルブを1イン、3アウトの4ウェイで切り替えを行うことで、エンジン、ラジエーター、ヒーターなどクーラントループ全体の流量をコントロールしてエンジン水温を迅速かつ正確に制御します。これにより、暖気時間の短縮や、冷房性能の向上に貢献します。また、燃料消費を3%近く減らすことができ、二酸化炭素や炭化水素、窒素酸化物などの汚染物質の10%近い排出量低減につながります。「THEMISバルブ」は、今年中に日本メーカーの車に搭載される予定です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング