1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

校正・承認に特化した新しいオンライン校正ツール「Ziflow」の取り扱いを開始

PR TIMES / 2021年11月1日 14時45分

承認フローのオンライン化・自動化を実現

クリエイティブ市場の総合商社・株式会社Too(本社/東京都港区虎ノ門3-4-7、社長/石井剛太、資本金/1億円)は、オンライン校正ツール「Ziflow」の取り扱いを開始しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/4669/33/resize/d4669-33-21fceeb0432fe425b0a5-0.jpg ]


Ziflowとはあらゆる制作物のレビュー・承認フローを効率化する、オンライン校正ツールです。世界のトップ企業に採用され、シンプルで誰でも使いやすいインターフェースながら、バージョン管理や差分チェック、共同作業など、校正業務に必要な機能が揃っています。

テレワークが増えている昨今、Tooでは紙に依存していた校正業務のデジタル化をご提案しています。Ziflowは赤字として加えられた修正指示やコメントについてチャットのように返信することができ、円滑なコミュニケーションを促進します。「他社や他部署との回覧」や「各責任者の承認が必要」などといった現状のワークフローに沿った設計が可能で、レビューから承認までをZiflow上で完結できるため、校正業務のオンライン化・自動化をスムーズに実現します。

取り扱い開始に際し、2021年11月2日(火)から開催されるdesign surf seminar2021 テクニカルセッションにて、Ziflowの特長や活用例をご紹介するウェビナーを公開いたします。オンライン開催ですので、お申し込みいただければ期間中お好きなタイミングでご覧になれます。お気軽にご参加ください。


《製品概要》
■Ziflow製品ページ
https://www.too.com/product/ziflow/

■特長
・シンプルなインターフェースの中に必要な校正機能を用意
・「G2」をはじめとする世界のITソリューション紹介サイトで高い評価を獲得
・サーバー不要のクラウドサービスのためスピーディーな導入が可能

■Ziflowの主な機能
・校正指示
・差分チェック・バージョン管理
・自動化ワークフロー
・高いセキュリティー
・Adobe CCを含む様々なアプリとの連携

■こんな方にお薦め
・メール添付やファイル転送サービスの往復でバージョンの取り違えが起きたり、最新のコメントがわからなくなる
・回覧途中の書類の紛失が不安
・各チームから届いた指示の取りまとめが手間になっている
・完了した書類を誰がどこで管理するか決まっていない
・回覧状況の進捗が見えずスケジュール管理が難しい
・印刷物だけでなくWebや動画の確認作業もある

■Tooのデジタル校正ページ
株式会社Tooでは、デザイン制作や製版における校正作業を支援する多彩なデジタル校正ツールを取り扱っています。
https://www.too.com/fun/proofreading/


《ウェビナー概要》
2021年11月2日(火)からオンライン開催されるdesign surf seminar2021 テクニカルセッションにて、Ziflowの特長や活用例をご紹介します。テクニカルセッションはお申し込みいただければ、期間中いつでも視聴可能です。

■お申し込み及び詳細
https://www.too.com/dsurf/y2021/

■受講料
無料(事前登録制)

■主催
株式会社Too

■同件に関するお問い合わせ先
株式会社Too ソリューションサービス部
E-Mail sls_info@too.co.jp
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

※Tooは、株式会社Tooの登録商標です。
※その他の登録商標及び商標は、所有者に権利が帰属します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください