今からでも遅くない!クリスマスはワンスモアプロポーズ!

PR TIMES / 2014年12月10日 12時24分

株式会社A.T.brides(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:大崎恵理子)は、同社が運営する「すぐ婚navi」にて、プロポーズについて調査したレポート(https://sugukon.com/editorial/categoryList/601/188/)を公開しました。



街はクリスマスムード一色。アクセサリーショップでもプレゼントを選ぶ男性をよく見かける季節になりました。クリスマスにプロポーズをしたい!と思う方も多いのではないでしょうか。

女性ならだれでも憧れるプロポーズ。
しかし、「実はプロポーズをされていないんです」という女性の声をよく聞きます。
今回のすぐ婚navi×ラルーンウエディングレポートでは、プロポーズについて調査しました!

【調査概要】
調査エリア :全国
調査方法 :女性向けアプリ・サイト『ラルーン~女性の悩みケア~』会員様へアンケート調査を実施
調査期間 :2014年11月
サンプル数 :2,202名
調査結果URL:https://sugukon.com/editorial/categoryList/601/188/


結婚をされている、1年以内に結婚の予定がある方に聞きました。


なんと約35%の方がプロポーズをされていないという結果に。
やはり、プロポーズをされていない女性は多いのでしょうか。プロポーズがない場合はどのように結婚に至ったのでしょうか。


「『いつ親に言いに行こうか?』といった感じで、お互い結婚を意識している時期だったので、しっかりしたプロポーズはしてないし、されてない」
「事務的にいついつまでに結婚する為に何をする、的な計画をたてました」
「同棲していて、同棲を解消しようとしたら、『プロポーズしようと思っていた。出て行かないで。』と言われ」
「結婚の話が出るけど、進まなかったので私が『仕事やめるけど結婚するの?』って聞いたらトントンと話は進んでいきました」
「煮え切らなかったので、わたしから結婚する気があるかきいた」


元々お互い結婚を意識しているときに、話の流れでそのまま結婚となった。または、彼女から切り出したという意見が多いようです。

そして、少数ではありますが彼女からプロポーズしたという方も!

「待ちきれずに自分から言ってしまいました。少々お酒の力も借りました(笑)」
「勝手に式場を予約した」
「旦那の家で、夕食後に私から『結婚しましょう』と伝えました。返答は『俺でいいの?』でした」
「単身赴任になりそうだというので…『嫁としてついて行きたい』と、言った」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング